ハリウッドセレブに人気の白茶をご存知?高級ブランドNo.57のKiss Tea

ハリウッドセレブに人気の白茶をご存知?高級ブランドNo.57のKiss Tea

記事詳細


No.57奥ゆかしい香りと味わい 心が落ち着く不思議なお茶

ハリウッドセレブに人気の白茶をご存知?高級ブランドNo.57のKiss Tea

中国茶の「白茶」。日本語だと“しろちゃ”“はくちゃ”と呼ばれてはいるが、日本人にはほとんど馴染みのない茶で、白茶を知っていう方はおおよそ中国茶を学んだ人ではないかと思う。

 

中国茶って奥深いんでしょう?と言われるけれど、それはきっとその数の多さからかもしれない。実際、私もその数の多さ、味や香りの豊富さで中国茶に魅了された1人でもあるのだけれど。

 

現在、台湾・中国で中国茶として飲まれているものは数千とも言われているそう。その膨大で終わりのない数の茶を“六大茶類”と言って、製法によって6種類(緑茶・白茶・黄茶・青茶・黒茶・紅茶)に分けています。白茶はそのうちの1つで、生産量は世界のお茶全体の0.1%未満という数字からもおわかりの通り、市場に出回る茶の数自体が少なく、貴重なお茶です。

 

そんな貴重な白茶、茶の文化がある日本人で知っている人は僅かながら、アメリカを中心に特に欧米では大人気のお茶。白茶の効能に期待したハリウッドセレブが「若返りの水」とか「美人のお茶」と言って飲んだことから人気の火がつき、美容や健康に関心の高い層を中心に大流行したため、ホワイトティー人気は今や欧米にまで広がっているんです。

ハリウッドセレブに人気の白茶をご存知?高級ブランドNo.57のKiss Tea

そんな貴重な白茶を世界ではじめてブランド化したのが、「No.57」だそう。白茶をベースに豊富なブレンドティーを展開しているブランドなんです。

 

私が最初にこのお茶を見つけたのは、青山のスパイラルマーケット。美しい雑貨類にあまりに溶け込んでしまう白く目立たない箱のパッケージは茶と気づかないほどで、仕事柄、注意深く見るからこそ見つけられたのではないかと思う程。出会いは衝撃的というより、目を凝らして見つけてもこれがお茶であることに時間を要したという、かなり控えめな出会いでありました。

 

数種類販売されているNo.57のブレンドの中でも、私が愛してやまないブレンドが“Kiss Tea”です。ピーチとペパーミントがブレンドされているのですが、白茶独特の優しい味わいに刺激のない上品で控えめなピーチ、ピンクローズ、ペパーミントがプラスされ、飲み口がとにかく優しい。そして口に含むと本当に清々しい気分になる、不思議な不思議なお茶。一口ごとに、悩みがかき消されていくような、そんな気分を味わえる繊細で奥深い茶です。

 

No.57のお茶はどれもがベースの白茶の味を引き立つようにブレンドされている為、ピーチが苦手、ローズが苦手という方は多いと思いますが、お茶の味をかき消す風味や香りは一切しません。あの強烈なローズですら入ってるのかわからないほどです。ペパーミント効果でお口の中もすっきりして、リフレッシュできるお茶としても最適です。

※掲載情報は 2017/04/10 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ハリウッドセレブに人気の白茶をご存知?高級ブランドNo.57のKiss Tea
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

宮原昌子

茶ムリエ/メンタルコーチ

宮原昌子

綜合商社勤務を経て結婚。上海に住んだことをきっかけに、上海で中医学・中国茶を学び、飲むこと・食べることが毎日を健康で楽しく過ごすことになると実感。
帰国後、中国茶専門店にて通訳・バイヤー・コーディネート等を手掛け、2004年より茶ムリエとして活動。自宅サロン主宰・企業や団体へのセミナー講師・雑誌やテレビ等の茶の監修・執筆業など多岐にわたり活動後、広州へ転居、華南農業大学茶学部の聴講生となる。
帰国後、クリニックに勤務、心のケアを実動で学び、心理学・コーチングを学ぶ。中医学と茶の理論に加え、心理学とコーチングを掛け合わせた独自のメソッドで、自己治癒力を高める方法・セルフケアのアドバイスを行うと共に、体質にあった茶の選び方を提案している。悩みを明確に整理し、本当にやりたいことの目標・プロセス設定で目標達成をサポートするコーチングセッションは、自信を持って自分らしく生きていけると好評 
上海医薬大学 推拿科卒業
中国労働省和社会保障部公認資格 高級茶藝師・評茶師
銀座コーチングスクール  GCS認定コーチ

監修本:別冊Lightning vol.53「ペットボトルのお茶の本」 枻出版社

次へ

前へ