日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」

日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」

記事詳細


紹介している商品


創業以来のスペシャリテ「モンブラン」を焼き菓子にした京都風おもてなし

1982年創業、京都クオリティをコンセプトにした洋菓子屋『マールブランシュ』。日本の魅力的な四季折々の風情を織り交ぜながら、京都に根付いた匠の技と厳選された素材を使い洋菓子姿で表現しています。
ippinサイトで以前”お濃茶ラングドシャ 茶の菓”をご紹介し、ここ数年でその認知度も日本各地に広げたブランドです。(https://ippin.gnavi.co.jp/article-7030/

日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」

『マールブランシュ』のスイーツの中で一番有名かつ看板商品でもあるのがラム酒香る「モンブラン」。京都・北山の地で本格洋菓子店を志した1980年代に、洋菓子の本場パリで出会ったモンブランに衝撃を受け誕生した、現当主4代目まで引き継がれている自慢のケーキです。

日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」

“創業以来「モンブランのマールブランシュ」として育てていただいた私たちの原点を掘り下げ、生ケーキのようなやさしい口どけと香り高さを目指した焼きモンブラン”という、秋冬限定 焼きモンブラン「マロン・ド・マール」が今回佐藤ひと美のお勧めの逸品です。

日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」

生菓子のモンブランをそのまま焼き菓子で表現したという「マロン・ド・マール」。フランス産マロンペーストとラム酒をふんだんに使って、香り高く“ほっくり なめらか”に焼き上げた可愛い栗の形の焼き菓子です。

日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」

口の中で溶け広がる洋酒の華やかな香りと、豊かなマロンの味わいが魅力的。練りこんだマロンペーストにより、まるで栗あんを彷彿とさせる生地と、ねっとりとした濃厚な食感の中に「モンブランのマールブランシュ」がギュッと詰まっています。

日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」

販売期間は9月中旬から3月末まで。
ラム酒が効いている大人向けの贈答品です。
パッケージも気品があり、手土産にも喜ばれる「マロン・ド・マール」をこの年末年始に贈ってみてはいかがでしょうか?

日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」

※掲載情報は 2018/01/10 時点のものとなります。

  • 16
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

佐藤ひと美

スイーツコンシェルジュ アドバンス

佐藤ひと美

【日本スイーツ協会】
スイーツコンシェルジュ アドバンス認定者
としてwebサイトを利用したスイーツライターとしてスイーツ情報や、各地方のスイーツ、グルメ(レストランデセール)情報発信しながら、スイーツの裏に隠れている由来や歴史・シェフの想いなども多くの方へ伝えていけるよう執筆活動しております。

『もっともっと素敵な食べ物に出会いたい!』
特にショコラをこよなく愛し毎日2~3ブランドのチョコレートは頂くチョコホリックLifeStyleの中、幸せショコラ、スイーツ、グルメを探し求めて西へ東へ探求しに幅広く新情報の入手にも力を入れて毎月2回は東京上京して旬のスイーツや、こだわりのお持たせ土産等を探索。
今まで訪れたパティスリー・ショコラトリーは本格派専門店から有名ブティック、地域密着型ブティックなど幅広く、1000ブランド以上を訪問し、3000ブランド以上の自身が食べてきたスイーツ情報や、魅力を日々ブログ媒体を活用し伝えております。
名古屋を拠点とし、2014年12月よりスイーツコンシェルジュ佐藤 ひと美presentsスイーツツアーイベント主催もスタート。

次へ

前へ