春限定!京のお干菓子のような「SAKURA no MACARON桜のマカロン」

春限定!京のお干菓子のような「SAKURA no MACARON桜のマカロン」

記事詳細


美しい日本の春の風情が施され、季節の味と美味しさが楽しめる可愛らしいマカロンです

春限定!京のお干菓子のような「SAKURA no MACARON桜のマカロン」

こんにちは。料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。

 

今回は桜のシーズンにピッタリ、京都北山のマールブランシュから春限定で発売されている「SAKURA no MACARON 桜のマカロン」をご紹介します。

 

毎年春になると、この時期に期間限定で発売される桜モチーフのスイーツが気になる私ですが、今年もキュートなシェイプのマカロンを見つけました。桜色の花型マカロンと、「春」という文字が入った細長の白いマカロンの詰め合わせです。

春限定!京のお干菓子のような「SAKURA no MACARON桜のマカロン」

どこか和を感じさせる雰囲気があるなぁと思っていたら、やはり京都のお菓子でした。

 

こちらのマカロンを製作販売しているマールブランシュでは、「京都の美意識を活かした洋菓子」を通して、丁寧で丹精込めた豊かさを皆様にお届けしたいと願っているとのこと。西洋と東洋の融合、「世界の本物」を「京都のほんまもん」のおいしさに!の実現を進めているのです。

 

それには3つのこだわりがあります。
KYOTO QUALITY-1 素材……おいしさの原点、素材にこだわる。
KYOTO QUALITY-2 技……京都に根付いた匠の「技」を極める。
KYOTO QUALITY-3 心……四季と寄り添うおもてなしの「心」をお届けする。

 

これが「京都クオリティ」というマールブランシュの「おいしさ」の考え方なのだとか。素敵ですね。

春限定!京のお干菓子のような「SAKURA no MACARON桜のマカロン」

桜色の花型マカロンには、桜の香りのホワイトチョコレートガナッシュが、「春」という文字が入った細長の白いマカロンには、自家製の苺コンフィチュールが挟まれています。西洋生まれのマカロンですが、日本茶にもよく合うんですよ!

春限定!京のお干菓子のような「SAKURA no MACARON桜のマカロン」

高温多湿や直射日光を避ければ、冷蔵庫保存をしなくてとも大丈夫です。約1か月の賞味期間があるのも嬉しいですね。

 

春限定商品ですので、お届けは4月15日頃までとなります。但し数に限りがあり、なくなり次第販売を終了してしまうそうです。

 

今回ご紹介したサイズより大きい商品もあります。内容量も2倍になります。2倍のタイプは、4月末までの販売です。

 

いずれにせよ気になる方は、HPをチェックしてお早目に手に入れることをお勧めします。

 

※オンラインストアでは既に7個入りは完売いたしました。大きいサイズはまだ販売しております。

店頭でも7個入りは販売しておりますが、在庫も残り少ないのでご購入前に一度店頭へお電話することをお勧めいたします。

※掲載情報は 2017/03/13 時点のものとなります。

  • 13
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
春限定!京のお干菓子のような「SAKURA no MACARON桜のマカロン」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ