「薄皮饅頭」に込められたあんこへの想い。福島に柏屋「薄皮饅頭」あり!

「薄皮饅頭」に込められたあんこへの想い。福島に柏屋「薄皮饅頭」あり!

記事詳細


薄皮饅頭にこだわり165年!福島においしい名物あり!

創業は、ペリー黒船が来航(!)する一年前の嘉永五(1852)年。


柏屋の初代当主、本名善兵衛は「病に薬がいるように、健やかな者に心のなごみがいる」との思いから、奥州街道郡山宿の薄皮茶屋にて、餡がたっぷりで皮の薄い饅頭を考案したのが始まりです。


今年の7月1日からちょうど165年目がスタート。つまり、165周年になります。

「薄皮饅頭」に込められたあんこへの想い。福島に柏屋「薄皮饅頭」あり!

柏屋が培った技術、そして職人の技から、「こしあん」「つぶあん」ふたつの餡にこだわり、素材は、十勝産小豆を毎年新モノを入れ替え「新あずき」をふんだんに使用。上品でなめらか、口どけのよさとさらっとした甘味が特徴的な「こしあん」。そして、甘さひかえめ、小豆本来の素朴な風味と、ふっくらとしたつぷの食感が楽しめるのが「つぶあん」の特徴です。


このふたつの自家製餡を楽しんでもらうために、その名の通りの薄い皮で包まれています。

「薄皮饅頭」に込められたあんこへの想い。福島に柏屋「薄皮饅頭」あり!

つまり、「こしあん」「つぶあん」、それぞれに合った薄さで餡のおいしさを包み込まれているのです!

 

その餡と皮の黄金比が絶妙なバランスでして、本当にお土産お菓子か?というくらいのクオリティを保っております。

「薄皮饅頭」に込められたあんこへの想い。福島に柏屋「薄皮饅頭」あり!

先日機会を得て、薄皮饅頭の工場を特別に見せていただくことができました。行き届いた生産管理とスタッフの手間暇を見ることができ、この福島郡山の地で、164年守り続け来た味であることは、間違いありません。

「薄皮饅頭」に込められたあんこへの想い。福島に柏屋「薄皮饅頭」あり!

柏屋さんの言葉に、「まごころを包む」というものがあります。まさに饅頭づくりの原点であり、その時代、時代に合わせたおいしさで、喜びを提案する姿勢。


まだまだ東北の震災の傷跡も残っておりますが、「ふくしまにおいしい名物あり!」

 

ちなみに、先日日本三大まんじゅうと称される「志ほせ饅頭」「大手まんぢゅう」「柏屋薄皮饅頭」が一堂に会し、「第1回日本三大まんじゅうサミット」in Fukushimaを開催されました!

 

まんじゅうは奥深いですね。

「薄皮饅頭」に込められたあんこへの想い。福島に柏屋「薄皮饅頭」あり!

※店頭では柏屋薄皮饅頭 こし、柏屋薄皮饅頭 つぶは1コから購入が可能です。

※掲載情報は 2016/05/26 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
「薄皮饅頭」に込められたあんこへの想い。福島に柏屋「薄皮饅頭」あり!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

松田龍太郎

食業プロデューサー

松田龍太郎

「食生活のスタンダードを向上させるをコンセプトに食を中心とした企画プロデュース業を日々営む。
また一般社団法人「日本パイ倶楽部」共同代表として、「ごはん、パン、パイ」を合い言葉に、パイを食する活動をはじめている。」

次へ

前へ