限定300本!雪室りんごをつかった「西目屋雪室シードル」

限定300本!雪室りんごをつかった「西目屋雪室シードル」

記事詳細


紹介している商品


世界初!貴重な雪室林檎シードルが発売されました!

限定300本!雪室りんごをつかった「西目屋雪室シードル」

(雪に閉じ込める前の、真っ赤に熟したりんご)

 

みなさんは、「雪室(ゆきむろ)りんご」というのはご存知でしょうか?毎年秋口に採れるりんごをその冬に降り積もった雪の中に閉じ込めて保存し、春先雪解けとともにそのりんごを雪から取り出すことで生まれるりんごです。りんご自体は、冷蔵保存すると水分とともに酸味が抜け始めて、りんごの美味しさを奪ってしまうのですが、雪の中で保存されたりんごは、雪の水分に0度で守られているので、酸味が守られ美味しさを保つことができるという、雪国ならではの保存方法のりんごです。まさに「獲れたての状態」でりんごは雪の中に眠り、春を待つ。とても貴重なりんごです。

限定300本!雪室りんごをつかった「西目屋雪室シードル」

まさに雪をかぶせてりんごを閉じ込めている作業の様子、迫力あります!

 

以前「ガイアの夜明け」でも取り上げられた、青森県西目屋村(にしめや)の雪室りんご。春先でも特に人気の商品ではあるのですが、今回はその雪室を使ったシードルが完成し、8月1日から販売が開始されました!

 

使っているりんごは、「サンふじ」という種類。シードルは醸造において無ろ過製法のため、りんごの味わいが濃い仕上がりになっています。またアルコール6%と比較的高く、すっきりとした飲み口となっているだけでなく、ほのかに渋味を感じられる仕上がりとなっています!低温でじっくりと発酵させているため、果実感をそこなわない仕上がりとなっています!

 

今回のシードルは限定300本!この貴重で、世界初と言われている「雪室シードル」をぜひ味わっていただきたいです!

 

価格: 4,000(税込)
容量:750ml

 

※「雪室シードル」は限定品のためオンライン販売は行っておりません。
※弘前シードル工房 kimori では、 【SWEET】【DRY】のオンライン販売を行っております。

紹介しているお店
弘前シードル工房 kimori

※掲載情報は 2017/08/08 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
限定300本!雪室りんごをつかった「西目屋雪室シードル」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

松田龍太郎

食業プロデューサー

松田龍太郎

「食生活のスタンダードを向上させるをコンセプトに食を中心とした企画プロデュース業を日々営む。
また一般社団法人「日本パイ倶楽部」共同代表として、「ごはん、パン、パイ」を合い言葉に、パイを食する活動をはじめている。」

次へ

前へ