食べ比べたい、一粒一粒の匠の技。 銀座鈴屋の栗甘納糖

食べ比べたい、一粒一粒の匠の技。 銀座鈴屋の栗甘納糖

記事詳細


紹介している商品


創業以来 甘納豆一筋

ご存知、「栗甘納糖」は 銀座鈴屋の代表銘菓。創業以来60余年、甘納豆一筋の専門店の味はどなたに差し上げても大変喜ばれます。

 

しっとり、ほくほく。「栗」のもつ自然な素材感。

 

それに見て下さい。この見事な形、大きさ、まさに粒ぞろいの迫力です。私はこの詰め合わせのモダンなチェッカー色も気に入っています。ふたを開けた時、オシャレで粋な感じも 贈り物には〇ですね。

渋皮付栗甘納糖がおススメ

食べ比べたい、一粒一粒の匠の技。 銀座鈴屋の栗甘納糖
食べ比べたい、一粒一粒の匠の技。 銀座鈴屋の栗甘納糖

こちらは 野趣豊かな「渋皮付栗甘納糖」。

 

渋皮付きのまま、形を崩すことなく しっとり柔らかく仕上げてあります。程よい甘さが嬉しい。こっくりしていて、日本茶にも 紅茶にも 中国茶にも 全て合います。

 

それにしても、一粒一粒がきれいな形に作られているのに見惚れますね。上等品というのは丹精込めた匠の技があってこそ。大変な手間暇がかかっているのでしょう。

味よし、色よし、姿よし

食べ比べたい、一粒一粒の匠の技。 銀座鈴屋の栗甘納糖

栗は 日本人が大好きな食べ物ですが、こんな上品なお菓子に仕立て上げた先人は素晴らしいですね。蜜を纏って風味がこんなに豊かにまろやかに。やさしい色合い。ほっくり感。決して甘すぎない自然のままの風味が ロングセラーの秘密なのでしょう。

 

たった一粒で お茶の時間が幸福なものになりますね。

 

この「栗甘納糖」と「渋皮付栗甘納糖」の2種類の詰め合わせは、気軽なミニ手土産にも。


6個入り、9個入り、15個入り、25個入りがあります。

 

きちんとした贈答品でしたら お箱包みで。棟方志功さんの掛け紙もまた趣深い。日本らしいギフトのひとつとして 是非お勧めしたい逸品です。

食べ比べたい、一粒一粒の匠の技。 銀座鈴屋の栗甘納糖
紹介しているお店
銀座鈴屋

※掲載情報は 2015/12/20 時点のものとなります。

  • 28
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
食べ比べたい、一粒一粒の匠の技。 銀座鈴屋の栗甘納糖
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

佐野由美子

おもてなしマエストロ

佐野由美子

株式会社カメリア 代表取締役。
子供の頃から人を喜ばせるのが好きでサービスの世界へ入りました。レストランでの接客、店長経験を経て、ホスピタリティの素晴らしさを伝えるために 人材育成やコミュニケーション研修などの活動をさせていただいております。おもてなしマエストロの認定を受けて、マナー講師としても活動中。ホスピタリティに関するコラム等を多数執筆。「プロの接客」などをテーマとした講演は、これまで全国で350ヶ所以上になります。また、女子栄養大学(短期大学部)と湘北短期大学でフードビジネスの講義を担当。一方で、1996年より「赤坂璃宮」の開業・経営に従事し21年間勤務。(現在 顧問)  好きなものは シャンパンとクラシックカー。

次へ

前へ