縁起物で素敵な新年を。ゆるぎない熟練の職人技が光る「ぬれ甘なつと」

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

縁起物で素敵な新年を。ゆるぎない熟練の職人技が光る「ぬれ甘なつと」

紹介している商品

紹介しているブランド


お年賀は心を贈るごあいさつ

創業180年の老舗『花園万頭』の「ぬれ甘なつと」は昔から変わらぬ味ですが、四季折々の情緒あるパッケージに日本人らしい奥ゆかしさを感じます。

 

かわいらしい干支の小箱は、ひときわ目を楽しませてくれます。
お世話になった方への感謝や「今年もよろしくお願いします」の心をこめて贈りたいひと品。両親にありがとうの気持ちを贈るのも大切ですね。好物でしたらなお喜ばれますし。

しっとり、艶めく。手間暇かけた蜜漬けの技

縁起物で素敵な新年を。ゆるぎない熟練の職人技が光る「ぬれ甘なつと」

この一粒一粒の美しい艶は、どこにも真似ができない技術によるもの。
「ぬれ甘なつと」が花園万頭の登録商標である所以です。
映画「月形半平太」の名台詞「春雨じゃ濡れて行こう」に心ひかれ命名されたそう。
作り手の思いを知ると愛おしくなります。

 

発売以来70年、この代表銘菓は職人さんが今も変わらぬ製法で手間ひまかけてじっくりと蜜漬けしています。4日間という長い時間には驚いてしまいました。

 

見ためにもしっとり美しい艶。豆芯にまでほどよい上品な甘みが含まれていて、小豆本来の風味が舌に広がります。北海道産の小豆はまさに粒選り。
その豆の愛らしい姿を崩すことなくここまで絶妙に煮上げる秘伝とはいかばかりなのでしょう。

 

パッケージの干支の絵柄は 今だけの季節もの。売り切れ前にぜひ見つけてくださいね。
贈り物でしたら、2個入り、4個入り、6個入りと用途に合わせて。
新年の粋なプチギフトにも喜ばれそうですね。

 

縁起物で素敵な新年を。ゆるぎない熟練の職人技が光る「ぬれ甘なつと」

※掲載情報は 2017/12/24 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
縁起物で素敵な新年を。ゆるぎない熟練の職人技が光る「ぬれ甘なつと」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

佐野由美子

おもてなしマエストロ

佐野由美子

株式会社カメリア 代表取締役。
子供の頃から人を喜ばせるのが好きでサービスの世界へ入りました。レストランでの接客、店長経験を経て、ホスピタリティの素晴らしさを伝えるために 人材育成やコミュニケーション研修などの活動をさせていただいております。おもてなしマエストロの認定を受けて、マナー講師としても活動中。ホスピタリティに関するコラム等を多数執筆。「プロの接客」などをテーマとした講演は、これまで全国で350ヶ所以上になります。また、女子栄養大学(短期大学部)と湘北短期大学でフードビジネスの講義を担当。一方で、1996年より「赤坂璃宮」の開業・経営に従事し21年間勤務。(現在 顧問)  好きなものは シャンパンとクラシックカー。

この記事をシェアする

次へ

前へ