テーマは “SHIKI”日本の誇る美しい文化と心遣いを贈る『セゾン ド セツコ』

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2018/04/17 公開

記事詳細

テーマは “SHIKI”日本の誇る美しい文化と心遣いを贈る『セゾン ド セツコ』

紹介しているブランド


日本のショコラトリーの新しい表現

テーマは “SHIKI”日本の誇る美しい文化と心遣いを贈る『セゾン ド セツコ』

メリーチョコレートの大人ブランド『セゾン ド セツコ』。
とても感性と美意識の高いショコラトリーとして、かなり惚れ込んでいます(笑)。
そしてこの春、またひとつ新しいストーリーが始まったそうです。

 

-----------------------------------------------------------------------------------

「日本が誇る美しい文化とともに、世界に発信する」
新たに表現するのは“SHIKI”
折々に変わりゆく様が美しい、日本の「四季」
季節の自然にインスピレーションを受けた、豊かな「色」彩
歳時のならわしに根指し、現代も脈々と息づく様「式」美

-----------------------------------------------------------------------------------

 

そのひとつが、この「ショコラの調べ」。
小粒のショコラのアソートには、それぞれ春夏秋冬の風情と味わいが散りばめられています。
「立春」苺、「春分」和紅茶、「立夏」抹茶、「夏至」塩、「立秋」はしばみ、「秋分」和栗、「立冬」林檎、「冬至」柚子、醤油。
口溶けの中に、たしかに日本の四季のさまざまな景色が見えてくるようで面白い!

 

今後は季節限定の商品も展開していくそうで、こちらも要マークです。

白と金の糸で紡ぐ様式美

テーマは “SHIKI”日本の誇る美しい文化と心遣いを贈る『セゾン ド セツコ』

『セゾン ド セツコ』は 「包む」心も行き届いているのが信頼の証です。
どの商品の箱包みもシンプルでセンスがとても良い。贈り手の想いをよくわかってくれています。
この「ショコラの調べ」も、真っ白な箱紙の中に金と白の糸が織り込まれています。水引のような曲線がとても優雅。2つと同じ箱はないそうです。美へのこだわりは奥ゆかしい。

黒糖焼酎のマロングラッセと合わせても

テーマは “SHIKI”日本の誇る美しい文化と心遣いを贈る『セゾン ド セツコ』

これは、以前ご紹介させていただいた「黒糖焼酎のマロングラッセ」(https://ippin.gnavi.co.jp/article-6347/)。甘党の方だけではなく、お酒の好きな大人の男性にも贈っても喜ばれた逸品で、お気に入りです。
ブランデーではなく黒糖焼酎に漬け込むという、和洋が融合した傑作。創業100年を超える老舗『朝日酒造』のお酒のコクとキレのある後味が、マロングラッセの風味に実によく合っています。
嬉しいことに、この商品とショコラの箱を重ねた美しい包みを作っていただけました。
2段重ね、3段重ねができるそう。真っ白い重箱のようで本当に素敵なギフトに。

 

大切な方への贈り物リストに これは絶対加えなければ!  

※掲載情報は 2018/04/17 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
テーマは “SHIKI”日本の誇る美しい文化と心遣いを贈る『セゾン ド セツコ』
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

佐野由美子

おもてなしマエストロ

佐野由美子

株式会社カメリア 代表取締役。
子供の頃から人を喜ばせるのが好きでサービスの世界へ入りました。レストランでの接客、店長経験を経て、ホスピタリティの素晴らしさを伝えるために 人材育成やコミュニケーション研修などの活動をさせていただいております。おもてなしマエストロの認定を受けて、マナー講師としても活動中。ホスピタリティに関するコラム等を多数執筆。「プロの接客」などをテーマとした講演は、これまで全国で350ヶ所以上になります。また、女子栄養大学(短期大学部)と湘北短期大学でフードビジネスの講義を担当。一方で、1996年より「赤坂璃宮」の開業・経営に従事し21年間勤務。(現在 顧問)  好きなものは シャンパンとクラシックカー。

次へ

前へ