3月3日桃の節句に!江戸時代から伝わる豊島屋の「白酒」

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

3月3日桃の節句に!江戸時代から伝わる豊島屋の「白酒」

山なれば富士、白酒なれば豊島屋と詠われた江戸の草分け

3月3日桃の節句に!江戸時代から伝わる豊島屋の「白酒」

3月3日は桃の節句。桃の節句といえば、雛人形、桃の花、ひし餅、ひなあられなどがありますが、我が家で欠かせないのは、白酒(しろざけ)。

 

体から邪気を祓うために飲むともいわれる、雛祭りでお祝いのためにお供えするお酒です。

 

定番は、創業慶長元年(1596年)、400年以上の歴史をもつ東京の老舗酒舗「豊島屋」の江戸時代から変わらぬ製法「石臼挽」でつくられている一品。

 

豊島屋は、『東海道中膝栗毛』や歌舞伎『助六』にも登場し、『江戸名所図会』『白酒売り出し図』には江戸時代の白酒販売時の賑わいの様子が描かれています。

 

豊島屋の白酒は、蒸したもち米に麹を入れて、味醂の中に仕込んでできたもろみを石臼で細かくひいて、とろみをつけてつくられます。昔ながらの製法にこだわり、年に一回のみ仕込む、自然なやわらかな甘みが特徴のお米のリキュールです。

 

白酒は甘酒とは異なり、アルコール分を含んでいるので、お子様用には、牛乳やお水でわって薄めたものを。大人も冷やして飲む他、凍らせてシャーベット状にしたものをデザートやお口直しとして味わうのもおすすめです。

 

江戸時代から伝わる元祖・白酒、その歴史・文化を感じつつ、じっくり味わってみませんか。

 

白酒

http://www.toshimaya.co.jp/category/products/sake/shirozake/

3月3日桃の節句に!江戸時代から伝わる豊島屋の「白酒」
  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
3月3日桃の節句に!江戸時代から伝わる豊島屋の「白酒」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

神森真理子

日本文化の伝道師/JTCL代表取締役

神森真理子

"ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社(JTCL)代表取締役。
慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹株式会社に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化・食・アートの魅力を発信するイベント企画・プロデュース・執筆・講演などを多数手掛ける。
日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。
日本文化関連の企画・コンサルティング、和の婚礼、日本文化を学べるwebスクール「nippon labo」などの事業を展開。日本酒「笑酒来福(しょうしゅらいふく)」、和のアクセサリー「豆銀(まめぎん)」など、和の商品企画・開発も手がける。
+ART CLUB/「食とアートの会」主宰。利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級として、食・酒関連の発信も多数。
【連載】「大和撫子のための和文化のいろは」、 「和な美 -wanna be-」 "

この記事をシェアする

次へ

前へ