高橋香葉

発酵料理研究家/観光連盟アドバイザー

高橋香葉

ブックマーク
-
ブックマーク
-

「日本人の体を健康できれいにするには、日本伝統文化の発酵食が一番良い」として発酵料理の研究に取り組む。テレビ、雑誌、書籍などを通じて、発酵食品の良さを伝える普及活動を行っている。

日本で初めて、米麹と醤油をあわせた新調味料「しょうゆ麹(醤油麹)」の作り方とレシピを公開し、発酵業界に新しい風を入れた。その活動は、フードアクションニッポンアワード販促部門を受賞。その後、読売新聞にて「オンリーワン」として掲載された。

現在は、日本全国を回り、全国の発酵食品だけでなく温泉巡りをし、日本の伝統文化を勉強している。

自治体の観光連盟アドバイザー、特産品開発審査委員などを歴任。市場調査から、販売戦略、プロモーションなどのマーケティング講師も行っている。フードアナリスト協会「食のなでしこ2016」。

主要著書:

◎「しょうゆ麹と塩麹で作る毎日の食卓」(宝島社)

◎リンネル特別編集「しょうゆ麹で作る毎日のごちそう」(宝島社)

◎「知識ゼロからの塩麹・しょうゆ麹入門」(幻冬舎)

◎おとなのねこまんま555(アース・スターブックス)等

高橋香葉さんの記事

65