こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選

こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選

記事詳細


ゴールデンウィーク中は東京も観光地やおしゃれスポットと呼ばれる場所は、観光客でいっぱい。銀座、浅草などの観光地や表参道、六本木などの人気スポットではない、東京都内にひっそりと佇む名店、知る人ぞ知る逸品を巡るのも楽しいのでは。都内に住んでいる方でなかなか行く機会がない方も、この連休を活用してみてはいかがでしょうか。

【豊島区巣鴨】世界的に有名な実力のあるパティシエが巣鴨に新店をオープン

こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選
こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選

2015年10月に巣鴨駅から徒歩数分の住宅地の中にオープンした「パティスリー ヨシノリアサミ」。こちらの浅見欣則シェフは、2006年には「サロン デュ ショコラ シャルルプルースト杯パリ」準優勝、2011年には「MOF(フランス国家最優秀職人章)コンクール」のグラシエ部門で外国人初のファイナリストに残るなどの受賞暦があります。その浅見欣則シェフの待望のお店がこちら。

 

フランスで修行されたアルザスの雰囲気を感じさせる内外装。そして、そこにはアーモンドパウダーを混ぜ込んだしっとりした生地にオレンジピールを入れたパウンドケーキ「ケーク オランジュ」や修行をしたアルザス地方の伝統菓子「プレッチェル」など、様々なスイーツが並びます。

【墨田区千歳】両国の老舗和菓子店「越後屋若狭」の水ようかん

こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選

両国の老舗和菓子店『越後屋若狭』では、水ようかんを求めて足繁く通うファンが絶えないそうです。水ようかんは同店の夏季の限定商品で、その特徴を一言で表せば、他では味わえない「瑞々しさ」と「儚さ」に尽きるかもしれません。6月~8月の夏季限定での販売となりますが、桜の葉が間に合えば、5月も販売する場合があるそうです。購入前には、事前にお問い合わせをして下さい。

【江東区東陽町】新しいお菓子「マカヨン」を求めて東陽町へ

こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選

2014年に東陽町にオープンした「エクラデジュール」。こちらの「マカヨン」は、スイーツとして人気のマカロンのカラフルな色を、クレヨンに見立てて進化させたもの。マカロン+クレヨンで、マカヨンなのだそうです。 種類も豊富で美味しいのはもちろん、パッケージも「クレヨン」をイメージしてつくられています。ギフトや手土産としても幅広い方に喜ばれそうです。

【足立区南花畑】下町では人気のロングセラーのバウムクーヘン

こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選
こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選

足立区なのに「長崎バウムクーヘン」と銘打っているのは、「島田屋製菓」のバウムクーヘン。実はこの「長崎バウムクーヘン」は、足立区では有名で約40年前から人気のロングセラーです。バウムクーヘンそのものは、王道もの。小麦粉と砂糖、鶏卵、油脂、コーンスターチのみで作られたほんのり甘めの味わいはカステラのようで、幸せな気分にさせてくれます。その人気ぶりはお店に行列ができるほど。大きな広告や宣伝をしていなかったことから、区外ではあまり知られていませんでしたが、最近テレビで取り上げられたようなので、有名店になる前に押さえておくといいかも。

【東急大井町線:尾山台駅】食べる宝石、プティフール

こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選

東急大井町線「尾山台」駅から環八方面に向かい、徒歩5分程度の場所にある「オーボンヴュータン(AU BON VIEUX TEMPS)」。シェフがフランス各地を巡って出会った、情熱溢れるクラシックなフランス菓子が楽しめることで知られる名店です。今では本国フランスで食べることができなくなってしまった幻のフランス菓子も多く、フランスからこのお店のお菓子づくりをマスターすべく、修行にやって来る職人さんもいるほど。そんなクラシックな味わいのケーキをバラエティー豊かにまとめて味わえるのが、素敵な一箱「プティフール」です。その美しさに「食べる宝石」と称されるこのお店の代名詞ともいえる名品です。

【世田谷区尾山台】ブランデーの甘みが癖になるバウムクーヘン

こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選
こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選

こちらも世田谷区尾山台のショップで、バウムクーヘンがメインの「バウム尾山台」。こちらでは、バウムクーヘンとピレネー、そしてソフトクリームのみ販売しています。その素材も小麦は江別製粉、牛乳は町村牧場、バターや生クリームは北海道酪農公社と北海道産にとことんこだわっています。

 

こちらの出来上がったバウムクーヘンにブランデーをたっぷりと染み込ませた「ブランデーバウム」は、濃厚なブランデーが楽しめるスイーツです。紅茶やコーヒーと合わせてももちろん合いますが、白ワインに合わせるのも美味しいので、休日の午後にゆったりとしたカフェタイムを過ごすのにぴったりです。

【国立市谷保】工場直売店しか味わえないサクふわの出来立てシュークリーム!

こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選

日本にシュークリームは数あれど、大ぶりのサイズ感にたっぷりクリームというクラシックなスタイルでファンの多いのが「ウエスト」のシュークリーム。ウエスト国立配送センター直営店で作り立てのこのシュークリームが買えます。焼きたてのシューに絞りたてのクリームの風味と香り、「サクふわ」の食感は直売店なればこそ。人気のシュークリームを出来立てで味わう幸せを一度体験してしまったらもうやめられなくなります。

※掲載情報は 2016/04/29 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
こっそり伝授!ゴールデンウィークに行くべき東京の穴場スイーツスポット7選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ