どれから食べるか迷う!ずらっと本のように並んだライブラリーチョコ

どれから食べるか迷う!ずらっと本のように並んだライブラリーチョコ

記事詳細


紹介している商品


どれから食べようか迷うテイスト

どれから食べるか迷う!ずらっと本のように並んだライブラリーチョコ

虎の門ヒルズのアンダーズ東京の「ペストリーショップ」のチョコレート。とても人気があるという噂を聞いていた矢先、知人がお土産としてプレゼントしてくれました。

 

「アンダーズ チョコレート ライブラリー」という名前。なぜライブラリー?と箱をあけると、ずらっとチョコレートが綺麗に並んでいます。一つ一つ丁寧に包まれ、図書館のようですね。とにかくどれから食べようかと迷います。いろいろなテイストがありました。

 

この中で私のお気に入りは、チリペッパーです。甘い?辛い?どちら??と思うこのチョコ。程よい甘さに加え、辛みがとても合い、大人なチョコレートでした。甘さというよりスパイシーさが楽しめます。お酒のおつまみにもなりますよ!

 

また、ストロベリーやコーヒー、バニラなどはストロベリーの果肉(フリーズドライ)やコーヒー豆、バニラビーンズなどが入り、食べていてその食感や風味がとても感じられます。1枚の板チョコに凝縮された味わいがなんともリッチに感じました。

 

ヘーゼルナッツはナッツがしっかり、たっぷり入っています。触感も良く、まだまだ食べたい!という1枚です。

 

また、抹茶や柚子もあります。和風のテイストが入っているのも面白いです。抹茶も濃くお茶の風味が口いっぱいに広がります。ほっとする味わいです。柚子はほんのりと香りがしますが、口に入れるとふわっと上品に広がり、後味はさっぱりとしました。

 

その他はピスタチオやミルク、ビター等種類が豊富でどれを食べてもそれぞれの味わいが楽しめます。とても上品に仕上がっており、人気の秘密がわかった気がします。

 

プレゼントには勿論喜ばれますが、自分へのご褒美チョコというのもありだなと思います。

どれから食べるか迷う!ずらっと本のように並んだライブラリーチョコ

※掲載情報は 2016/02/29 時点のものとなります。

  • 64
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
どれから食べるか迷う!ずらっと本のように並んだライブラリーチョコ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

尾田衣子

料理研究家/オリーブオイルソムリエ

尾田衣子

ル・コルドンブルー東京校卒業。料理ディプロムを取得。 その後、イタリア・フィレツェに渡り、家庭料理を学ぶ。 現在、フランス・イタリア家庭料理ベースの簡単にできるおもてなし料理、オリーブオイル中心の食事ヘルスケア料理、食育を取り入れた親子教室を中心に杉並区(西荻窪)にて料理教室「Assiette de Kinu(アシェット ド キヌ)」を主宰。
また、外部講師を始めTV出演、雑誌・企業へのレシピ提供なども行う。著書に『あまったパンで魔法のレシピ』世界文化社。『うち飲み女子の友』ぶんか社。『家族がよろこぶ「スマイル弁当」』土屋出版 等
薬味食堂(朝日新聞出版)ねぎ、大葉、生姜……そして今、人気のパクチーなど、おなじみの薬味を使った組み合わせが絶妙な料理を豊富に紹介。「ただのせる」だけではない薬味ざんまいの絶品レシピが満載。
http://books.rakuten.co.jp/rb/14282970/

次へ

前へ