午前中で売り切れ必須!上野「岡埜栄泉」の豆大福

午前中で売り切れ必須!上野「岡埜栄泉」の豆大福

記事詳細


甘いもので唯一好きな和菓子

上野にある「岡埜栄泉」は和菓子好きでは知らない人はいないほどの人気店です。こちらは上野広小路にあり、大正時代に創業したそうです。


よくこちらの豆大福を買いに行きますが、この商品がとても人気で午前中には売り切れてしまいます。私は、甘いものはあまり食べませんが「岡埜栄泉」の豆大福は甘すぎなく、とても食べやすいので唯一、甘いもので食べる和菓子です。豆もゴロっとしていて食べ応えがあるのが、人気の秘訣なんだと思います。

 

保存料や着色料など一切使用していないので、日持ちはしませんが、手土産としてもらってもとても嬉しい一品です。毎朝、早朝から北海道産の小豆で餡を練り、各商品ごとに餡の甘さや煮出し方、つぶし方まで変えるというこだわりには脱帽です。豆大福の他に栗きんとんも人気なので是非試してみてください。高島屋でも販売されているそうですが、豆大福をお買い求めの際は、電話予約をすると確実に購入できます。

 

岡埜栄泉
住 所 東京都台東区上野6-14-7
電 話 03-3834-3331営 業 9:30~18:00
定休日なし(年中無休)
※元旦を除く

豆大福

岡埜栄泉 住所:東京都台東区上野6-14-7

※掲載情報は 2015/12/03 時点のものとなります。

  • 31
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
午前中で売り切れ必須!上野「岡埜栄泉」の豆大福
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

大伴さやか

NHN PlayArt株式会社 秘書

大伴さやか

国内大手自動車メーカーの総務、広告代理店の営業を経てIT関連企業(後の株式会社ライブドア)に入社。2012年、NHN Japan株式会社(現LINE株式会社)との経営統合を経て、2013年分社化により現職へ。NHN PlayArt株式会社は、2013年4月1日、NHN Japan株式会社(現LINE株式会社)のゲーム事業分割により新設されたエンタテインメント企業です。同年8月1日に現在の社名に変更しました。楽しさ(Play)を創造(Art)する企業としてスマートフォンゲームの開発・運営に取り組んでいます。

次へ

前へ