感謝の気持ちの伝え方

感謝の気持ちの伝え方

記事詳細


紹介している商品


どこにでも、「感謝」はある

もらったら、凄く嬉しい。

ちょっとした 気持ち。

その「気持ち」がお菓子に代弁されたら。

それも、嬉しい「気持ち」。

感謝の気持ちの伝え方

赤坂青野さんの「感謝の喜もち」は、いろいろな人の

「感謝」を伝える場を作ってくれる菓子。

感謝の気持ちの伝え方

別に何かしてもらったから「感謝」なわけではない。

いつだって、感謝していい。

そもそも生きていること自体が「感謝」ですものね。

 

そばにいてくれてありがとう。

いつも近くにいる人に、「感謝の喜もち」を贈ってみては?

感謝の気持ちの伝え方

黒糖と和三盆の風味で小さなお礼を

「赤坂もち」で有名な赤坂青野さんのお菓子は、やっぱり「お餅系」が得意技のひとつ。

黒糖を生地にも練りこませ、和三盆をふりかけた一口大福の「感謝の気持ち」は、甘さも控えめ。

小ぶりなので、甘いものが苦手な人でも食べやすい。柔らかな口馴染みのよい餅の食感が癒してくれますよ。

幼い頃に父がよく仕事帰りに買ってきたので、私にとって青野さんはいわば懐かしさもある和菓子屋さん。

こちらこそ“感謝の気持ち”です!

※掲載情報は 2021/03/15 時点のものとなります。

  • 0
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
感謝の気持ちの伝え方
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小倉朋子

(株)トータルフード代表/トータルフードプロデューサー

小倉朋子

(株)トータルフード代表取締役/亜細亜大学講師/「食輝塾」主宰/日本箸文化協会代表/農水省関東農政局食育推進ネットワーク幹事/ジャパンビアソムリエ協会マナー顧問/(社)エチケット・マナー協会理事

来世も再来世も食の仕事を!生粋の食マニア。トレンド、食文化、お取り寄せ、マナー、ダイエット、食育、伝統食…専門は広く、多角的に食の提案しています。どんなメニューも可能、店舗、食品関連のメニュー開発から一連のフードプロデュース多数。世界の食事マナーと食を総合的に学び生き方を整える「食輝塾」主宰。20年近く一度も同じ内容せず毎月開催を更新中!

●メディア
NHKラジオ番組3年以上レギュラー講師、日テレ「世界一受けたい授業」、テレビ朝日「芸能人格付けチェック」、はなまるマーケットなど出演、新聞、雑誌連載

●著書
『私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』(文響社)、『世界一美しい食べ方のマナー』(高橋書店)、『愛される「ひとり店」の作り方』(草思社)、『「いただきます」を忘れた日本人』(アスキー新書)、『グルメ以前の食車マナーの常識』(講談社)ほか、ベストセラー多数

次へ

前へ