最中とショコラの融合、京都の新定番手土産「Monaショコラ」

最中とショコラの融合、京都の新定番手土産「Monaショコラ」

記事詳細


紹介している商品


皮のサクッとした食感とエアリーなショコラが絶妙な手土産スイーツ

定番から新しいお土産まで、年々種類が増え選ぶのも大変な京都の手土産スイーツ。
和も洋も両方楽しみたい!そんな方のお土産におすすめしたいのが『CHOCOLATERIE HISASHI』の「Monaショコラ」です。

最中とショコラの融合、京都の新定番手土産「Monaショコラ」

京都の平安神宮近く2018年4月に京都・東山に小野林 範シェフがオープンさせたショコラトリー『CHOCOLATERIE HISASHI』。

 

15年にわたりクラブハリエにてショコラティエとして修行をされたシェフは、数々のコンクールに出場され、2012年には『WPTC2012』にて日本代表のチョコレートピエス担当として出場し優勝されました。さらに 2015年には『ワールドチョコレートマスターズ2015』に出場し2位に輝いた、ショコラティエの第一人者です。

最中とショコラの融合、京都の新定番手土産「Monaショコラ」

店内にはボンボンショコラはじめ様々な種類のお菓子が並んでいますが、目に入るのは、シェフが自身のお店をオープンされるにあたって考案された「Monaショコラ」です。

最中とショコラの融合、京都の新定番手土産「Monaショコラ」

「Monaショコラ」は最中の和とショコラの洋どちらも満喫できる一品となっています。
最中というワードから中身が濃厚なイメージがありましたが、最中に挟んであるショコラクリームの食感がエアリーで口溶けもよく、そしてジャンドゥーヤの香り高い味わいが口に広がります。また、皮の裏にはチョコレートがコーティングされており、最中のさくっとした食感がいつまでも続くのも美味しさの秘訣だと感じます。

 

皮の表にはHの文字が刻印されたビターチョコレートがのっており、食べやすいサイズも魅力的です。1つから

も購入できますが、5つ入りパッケージもカカオの形と可愛らしく賞味期限も長いので手土産におすすめです。

 

Chocolaterie HISASHI
〒605‐0033 京都府京都市東山区夷町166‐16
Tel:(075) 744‐0310
営業時間:11:00-18:30

※掲載情報は 2019/05/20 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
最中とショコラの融合、京都の新定番手土産「Monaショコラ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

加藤里名

洋菓子研究家

加藤里名

洋菓子研究家 / 洋菓子教室Sucreries主宰

東京都出身

”テクニックだけでなく、土地の文化や風土、歴史と結びつきもお伝えしお菓子作りをもっと身近に感じてもらいたい”と考え〜会話も弾む自宅で実践できるフランス菓子~洋菓子教室Sucreriesを主宰

実家は100年以上続いた老舗寿司店 父は大阪寿司の職人、母は洋菓子研究家
幼少期よりヨーロッパを訪れ文化や料理に触れ、現在も定期的にフランスパリや地方を訪れ研鑽を積む

聖心女子大学卒業
監査法人に勤務する傍ら“イルプルーシューラセーヌ”にてフランス菓子を学んだ後渡仏。
ル・コルドンブルー・パリにて菓子上級コースを卒業後、パリのパティスリー“Laurent Duchene”にて研修   
  
帰国後、2015年より神楽坂にてフランス菓子をベースとした洋菓子教室"Sucreries"を主宰、その他Elle Gourmetフードクリエイター部所属、カフェレストランへのレシピ提案やイベントへの参加等精力的に活動中

趣味は海外旅行、ビストロ巡り、自然派ワインとお菓子だけでなく、食のトレンドに敏感に反応

次へ

前へ