ショコラのスペシャリストが作った“最中”がすごい!京都『ショコラトリー ヒサシ』

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

ショコラのスペシャリストが作った“最中”がすごい!京都『ショコラトリー ヒサシ』

紹介している商品


2018年4月オープンの京都・東山『ショコラトリー ヒサシ』

ショコラのスペシャリストが作った“最中”がすごい!京都『ショコラトリー ヒサシ』

2018年4月、京都・東山にオープンした『ショコラトリー ヒサシ』。

 

まだオープンして一年と経っていないお店なのですが、オーナーシェフがチョコレートの世界大会で活躍された功績を持つ、まさにショコラのスペシャリストのお店です。ボンボンショコラも素晴らしいのですが、今回は他のお店にはない「最中」で出来たギフトにぴったりのチョコレート菓子を紹介させていただきたく思います。

 

世界大会で評価されたチョコレートの技でできた「もなショコラ」

ショコラのスペシャリストが作った“最中”がすごい!京都『ショコラトリー ヒサシ』

オーナーの小野林範シェフは、世界大会「WPTC(ワールドペストリーチームチャンピオンシップ)2012」でチームジャパンとして優勝、「ワールドチョコレートマスターズ2015」で準優勝と、得意とするチョコレートの技を磨き実績を積んできた方です。世界大会で高く評価されたボンボンショコラやタブレットはもちろん、チョコレートを使ったケーキや焼き菓子もお店で購入することができます。

 

そんな小野林シェフの作った「もなショコラ」は、私も始めて食べたときにとても驚いたチョコレートのお菓子で、和の「最中」という素材と、洋の「チョコレート」という素材が一体となり、食感や風味そして口どけまで、最初から最後までとってもユニークなお菓子に仕上がっています。

 

最中でもチョコでもない!この食感ははじめての感覚!

ショコラのスペシャリストが作った“最中”がすごい!京都『ショコラトリー ヒサシ』

この最中は「ウエハース」というような感じでなく、どちらかとゆうとパリパリ感を楽しめる少しハードなタイプ。「最中」に香り豊かなチョコレートと、アクセントに小さなパフも加えられています。食べてみると驚くのが、そのパリパリ感とサクサク感。

 

中のチョコレートは、固すぎず柔らかすぎずといった感じで、これが「もなか」の部分のサクサク食感ととても相性が良く、バランスのとれた仕上がりです。チョコレートの美味しさを知っているシェフだからこそ、味わいはシンプルにまとめて、老若男女問わず皆さんに美味しく召しあがっていただけるお菓子だと思います。

 

他のお店には置いていない「もなか」と「チョコレート」というシェフのオリジナルのお菓子。日持ちもしますので、手土産などにも最適です。ぜひ、皆さんにも、この新食感のお菓子「もなショコラ」を食べてみていただきたいです。

 

 

 

ショコラのスペシャリストが作った“最中”がすごい!京都『ショコラトリー ヒサシ』

■店舗情報
Chocolaterie HISASHI
住所: 〒605-0033 京都府京都市東山区夷町166-16
電話: (075)744-0310
営業時間: 11:00~18:00
定休日: 毎週月曜日、第1・第3火曜日

※掲載情報は 2018/08/19 時点のものとなります。

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ショコラのスペシャリストが作った“最中”がすごい!京都『ショコラトリー ヒサシ』
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

向井聡美

フリーパティシエ

向井聡美

北海道出身。製菓学校在学中から、食品メーカー主催のパティシエコンテストでグランプリを受賞。現在は、フリーランスとして製菓学校の講師や企業のレシピ開発などを行っている。積極的に製菓コンクールに参加し、2013ジャパン・ケーキショー東京 プティ・ガトー部門連合会会長賞(優勝)、2011年・2012年BUKOクリームチーズコンテスト優勝、クープ・デュ・モンド2017日本予選チョコレート細工部門 銀賞(第2位)等数々のコンテスト受賞歴を持つ。

次へ

前へ