お土産にするならば!これだ!田園調布の青果店が作る究極のフルーツポンチ

お土産にするならば!これだ!田園調布の青果店が作る究極のフルーツポンチ

記事詳細


紹介している商品


見た目がきれい食べて美味しいお土産

お土産にするならば!これだ!田園調布の青果店が作る究極のフルーツポンチ

食通の友達が多く、ホームパーティーがあると何をお土産にしようかな・・と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?これだけ美味しいお菓子や珍しい調味料があふれていると……。
さて、何を持って行こうかな・・これも知っているだろうし、あれもこの前も持って行ったしと。ある日、ホームパーティーに行ったときに、友達が持ってきたフルーツポンチ!
瓶に色々なフルーツが切って詰めてあり、フルーツポンチになっています。見てきれい!
開けてみると甘いお酒の香りもしてさすが果物屋さんなのでフルーツも盛りだくさん。
食べてみると美味しい!バランスよく果物が入っています。
食後にちょうど良く、瓶なので必要なだけを器に盛り、残りはまた封をすれば良いです。
フルーツポンチって、子供の頃にお友達を呼ぶときに必ず母が作ってくれました。大きなフルーツポンチ用のガラスのボールとその縁にグラスをかけて出すと子供たちから一斉に歓声があがりました。最近はなかなか作ることもなくなってしまったけど、久しぶりに食べたら懐かしい時代を思い出しました。
こちらは、田園調布の駅前の果物店のヤマナカヤさんの商品。田園調布で降りると駅前にあるお店、フルーツサンドが美味しいとは聞いていたけど、いつも横目で眺めて過ぎていました。1932年から創業しているお店だそうです。数年前からイートインもできるそうです。
お店でたべられるパフェも大人気だそう。自家製のソルベが入って、生クリームも軽めな物としっかりしたクリームを両方使っているそう。田園調布のマダム達に人気だそうです。

フルーツポンチ

ヤマナカヤ果物店 東京都大田区田園調布2丁目50-1 ヤマナカヤビル

※掲載情報は 2019/01/24 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
お土産にするならば!これだ!田園調布の青果店が作る究極のフルーツポンチ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

山田玲子

料理家 salon de R主宰

山田玲子

1995年~浜田山の自宅にて料理教室「Salon de R」を主宰。 小学生の国際交流の活動を通じ、食する事は人の輪なり・・と感じ「美味しい料理はあなたを想う温かい心から」をコンセプトに。 マダムなおうちごはんを大笑いの中、無理なく楽しく大胆に調理!お料理とともにおもてなしのコーディネートから笑いの心意気まで伝授いたします。国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている中で「食は一番身近な外交」であると実感。企業の料理教室講師や、食品会社のレシピ開発やケータリング、各種イベントや 食とコミュニケーションなどのタイトルで講演会も多く開催。
2002年家庭画報「とっておきのおかず大賞」審査委員特別賞受賞
著書として
「おにぎりレシピ101」英訳付き ポット出版
「サラダBowlレシピ」大和書房

次へ

前へ