チョコレート作りの世界チャンピオンが作るボンボンショコラ

チョコレート作りの世界チャンピオンが作るボンボンショコラ

記事詳細


紹介している商品


こだわりから生まれる、オリジナルチョコレートを使用したショコラ

チョコレート作りの世界チャンピオンが作るボンボンショコラ

新年を迎えてからお菓子やさんの最初の山場は、2月のバレンタインの時期です。この時期デパートでの催事やイベントなども行われています。そこには、海外でも注目マーケットの日本に海外でも有名なパティスリーやパティシエの方々が来日しており、色々と選ぶことができいい機会だと思います。一堂に会するなかなかこういう機会はなかなかないので、私も勉強のために訪れて購入をすることもあります。パティシエなので食べれば大体の使用している材料や作るための技術など予想のつく点も多いですが、やはり一緒に働かないと分からない細かな技術やこだわりがあります。また作品に表れるパティシエの人柄なども知りたくなってきます。今はバレンタインも近いので、自分は作る一方で購入する機会はありませんが、もし購入をするなら神戸にある「ラヴニュー」です。

オーナーシェフの平井茂雄さんは、グランドハイアット東京に勤めていたときの先輩で、グランドハイアット東京ペストリー料理長も勤められていた方です。様々な大会にも参加されていますが、2009年には「ワールドチョコレートマスターズ2009世界大会」でも見事優勝し、フランスのチョコレートメーカー「カカオバリー」のアンバサダーに任命されています。そんな平井さんのスペシャリテでもあるボンボンショコラは、同じパティシエとしても凄さを感じる作品です。見た目は普通ですが、細かく何層にも積み上げて作られ、ケーキのような細かい仕事をされています。商売ではなく大量生産では作れない自分が納得する美しいものを作ることを優先される姿勢には、ただただ脱帽です。

チョコレート作りの世界チャンピオンが作るボンボンショコラ

この時期でしたら、オリジナルチョコレート「オールノワール」を使用した「テリーヌショコラ」(通年販売)と、バレンタイン限定のボンボンショコラ6個入り(南国フルーツ、ココナッツ、グリオット、キルシュ、木苺、ヴァニラ※1)をオススメしたいです。送られた方もきっと喜んでもらえると思いますし、気持ちを伝えるにはぴったり商品だと思います

※1店頭販売は2月12日、13日、14日のみ。高島屋大阪店では2月11日に販売

※掲載情報は 2015/02/08 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
チョコレート作りの世界チャンピオンが作るボンボンショコラ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

森大祐

EN VEDETTE オーナーパティシエ

森大祐

1978年、岐阜県出身。東京製菓学校を卒業後、「ロイスダール」、「グランド ハイアット 東京」などの都内パティスリーに勤務。2007年に渡仏しパリの「ローラン・デュシェンヌ(M・O・F)」、「モワザン」にて研鑽を積む。「モワザン」ではシェフ・パティシエとして勤務し、フランスで学ぶ日本人パティシエの支援、日仏のパティスリーの架け橋になればとの想いから、「Le Pont Artisans(エッフェル会)」を設立し、会長として活動に取り組む(現在は日本支局長)。現在は、「En Vedette(アンヴデット)」のオーナーとして活動中。TV、雑誌、書籍などでの活動や、「Le Pont Artisans(エッフェル会)」、「セルクル・デ・シェフ」などでシェフの地位向上を図る活動も行っている。

書籍:「プロのための製菓技法 チョコレート」、「モダン・フランス菓子の発想と組み立て シェフ8人それぞれの解釈と技法」、「タルトの発想と組み立て: 6人のパティシエのアイデアと技法」(全て誠文堂新光社)11月9日発売

次へ

前へ