京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」

京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」

記事詳細


紹介している商品


実力派パティシエが作るこだわりの「ジェラート」と「パフェ」

京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」

お客様に楽しくて美味しい時間を楽しんでいただけるよう、お店『EN VEDETTE』(アンヴデット)でも生菓子や焼き菓子で新しい商品を追加していっています。定番の商品もありますが、注目されている果実や素材を取り入れ日々試作も行っていますが、その際、まわりのパティシエのお店や活動も刺激になってきます。

 

新しい試みとして夏にはジェラートも提供していましたが、最近では季節を問わず専門店はもちろん、色々なお店でジェラードを提供していますが、中でもおススメしたいお店を紹介いたします。

京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」
京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」

ホテル時代に一緒に働いていた杉田 晋一さんが2018年に京都にオープンしたのが、ジェラート屋『SUGiTORA』(スギトラ)です。

京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」

杉田さんは「Coupe du Monde de la Patisserie 2015」(クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2015)に日本代表で出場し、見事銀メダルを獲得しているパティシエです。お店の屋号は、以前ご実家でやられていた果物屋『スギトラ果実店』を引き継ぐ形をとられたそうで、新しくジェラート屋さんとして生まれ変わりました。

京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」
京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」
京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」

乳脂肪分が高い牛乳を使用し、牛乳本来の美味しさが楽しめる「ミルク」、チョコレートをたっぷり使用した「チョコレート」などの定番から、甘酸っぱさがクセになる「イチゴ」や「マンゴージェラート」などの季節限定のジェラートが用意されており、カップやコーンでも楽しむことができます。

京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」

また、イートインスペースも用意されていて、ジェラート以外にも、「パフェ」も楽しむことができます。ジェラートをたっぷりと使用いている「ショコラパフェ」、期間限定の「イチゴとエクレアのパフェ」など、杉田さんのアイディアが生かされたオリジナルのパフェを楽しむことができます。

京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」

お店は、京都市役所前駅から10分以内の場所にあり交通の便もいいですし、夜の22時まで空いているので、食後のデザートに立ち寄るのもおススメです。

 

これから観光などで京都に行かれる際には、ぜひ立ち寄っていただきたいお店の一つ。京都をジェラート片手に散策してはいかがでしょうか。

※掲載情報は 2019/06/04 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
京都散策のお供にぴったり!素材の美味しさがたっぷり味わえる「ジェラート」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

森大祐

EN VEDETTE オーナーパティシエ

森大祐

1978年、岐阜県出身。東京製菓学校を卒業後、「ロイスダール」、「グランド ハイアット 東京」などの都内パティスリーに勤務。2007年に渡仏しパリの「ローラン・デュシェンヌ(M・O・F)」、「モワザン」にて研鑽を積む。「モワザン」ではシェフ・パティシエとして勤務し、フランスで学ぶ日本人パティシエの支援、日仏のパティスリーの架け橋になればとの想いから、「Le Pont Artisans(エッフェル会)」を設立し、会長として活動に取り組む(現在は日本支局長)。現在は、「En Vedette(アンヴデット)」のオーナーとして活動中。TV、雑誌、書籍などでの活動や、「Le Pont Artisans(エッフェル会)」、「セルクル・デ・シェフ」などでシェフの地位向上を図る活動も行っている。

書籍:「プロのための製菓技法 チョコレート」、「モダン・フランス菓子の発想と組み立て シェフ8人それぞれの解釈と技法」、「タルトの発想と組み立て: 6人のパティシエのアイデアと技法」(全て誠文堂新光社)11月9日発売

次へ

前へ