まるで宝石箱?!フランス菓子の巨匠が手掛けるかわいくて美味しい本格プチケーキ

まるで宝石箱?!フランス菓子の巨匠が手掛けるかわいくて美味しい本格プチケーキ

記事詳細


紹介している商品


見た目だけじゃない!本格的なケーキたち

まるで宝石箱?!フランス菓子の巨匠が手掛けるかわいくて美味しい本格プチケーキ

東急大井町線、二子玉川や自由が丘からも、程近い尾山台の駅にあるケーキ屋さん『オーボンヴュータン』。オーナーシェフ河田勝彦氏は日本におけるフランス菓子の第一人者です。多くのお弟子さんを輩出し、『モンサンクレール』の辻口博啓氏もその一人。

 

実家の近所にあり、家族のバースデーやお客様があるときには必ずここでケーキを買っていました。今回ご紹介するのは友人のお宅に伺うときによく買っている手土産「プティ・フール・フリアンディーズ」。

 

包みを開けた瞬間、毎回必ず歓声が上がります。何度もみている私でもつい「わー」と声をあげてしまうくらい。

まるで宝石箱?!フランス菓子の巨匠が手掛けるかわいくて美味しい本格プチケーキ

フルーツタルトやピスタチオのムース、オペラ、シュー・ア・ラ・クレームなど、どれも一口サイズでありながら味は本格的!

 

こんなに手が込んでいるのに12個入りが1750円(税別)。

 

手土産でお持ちするととても喜ばれます。

 

ただこちらはお酒の香りが強いものもあり、妊婦さんや小さなお子様向きではありません。
お酒が苦手な方には、お酒の入っていない焼き菓子の詰め合わせもあるのでそちらをチョイスしています。焼き菓子はまた後日ご紹介しますね(焼き菓子も絶品!)。

まるで宝石箱?!フランス菓子の巨匠が手掛けるかわいくて美味しい本格プチケーキ

「プティ・フール・フリアンディーズ」 12個入り1750円(税別)、18個入り2500円(税別)

※掲載情報は 2018/06/01 時点のものとなります。

  • 15
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
まるで宝石箱?!フランス菓子の巨匠が手掛けるかわいくて美味しい本格プチケーキ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

長谷川文

フリーアナウンサー

長谷川文

東京都世田谷区出身。大学卒業後、テーマパークに勤務。イベント企画開発部門にて限定イベントのメニュー開発にも携わる。
退職後はフリーのアナウンサーとして、主に企業の決算説明会やプレス発表、ブライダルの司会などをする。
その他、アナウンス講師や東京FM主催DJライセンスの審査員など。

スイーツの名門が立ち並ぶ自由が丘の近くで生まれ育ち、小さい頃から美味しいスイーツ探しが趣味。
高校時代は週に一度の家庭教師の日に先生と一緒に尾山台の「オーボンヴュータン」のケーキを食べられるのがとても楽しみでした。

現在は3人のこどものママ。小学校・幼稚園・幼稚園就学前のこどもたちを育てながらも「素敵ママ」と言われるような手土産やおもてなしスイーツを日々探しています。
最近はこどもたちと一緒にお菓子作りを楽しんでいます。こどもたちの健康のためベジタブル&フルーツアドバイザーの資格も取得。

次へ

前へ