大人のバレンタインに!とろける日本酒生チョコレート「小町通りの石畳 雪男」

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

大人のバレンタインに!とろける日本酒生チョコレート「小町通りの石畳 雪男」

紹介している商品

紹介しているブランド


すっきり辛口の日本酒ととろける生チョコレートの絶妙なハーモニー

大人のバレンタインに!とろける日本酒生チョコレート「小町通りの石畳 雪男」

バレンタインデーに大人の男性へこだわりのチョコレートを贈りたいという方、日本酒・お酒好きな方におすすめしたいのが、鎌倉発祥のアロマ生チョコ専門店『ca ca o(カカオ)』の新商品「小町通りの石畳 雪男」。

 

『ca ca o』は、コロンビアのオリジナル農園で栽培されたカカオ豆を使用した日本生まれのチョコレートブランドです。
日本人が食べて美味しく感じる口どけのよさを追究し、開発されたのがアロマ生チョコレート「小町通りの石畳」シリーズ。
口どけを考えた水分量、カカオアロマを最も感じられる空気量、そして独自の栽培と発酵工程によるカカオ豆の3つがこだわりのポイント。
ゆず・抹茶など新作の和のフレーバーが多数ある中、「小町通りの石畳 雪男」は、トマコ産のカカオ分45%、力強いカカオテイストのミルクチョコレートに青木酒造の銘酒「純米酒 雪男」を合わせた大人のための逸品。

愛らしい雪男の正体は?雪国の伝統と老舗の技を味わう

大人のバレンタインに!とろける日本酒生チョコレート「小町通りの石畳 雪男」

「鶴齢」「雪男」を醸す青木酒造は、享保2年の創業以来300年続く、新潟県魚沼市に位置する老舗の造り酒屋。
「雪男」は、美山錦を軟水で仕込んだ純米酒らしい米本来の旨みを生かしながら後味はシャープでキリっと引きしまる辛口のお酒です。

 

江戸後期、雪国越後・魚沼の暮らしの多様性や豊かさを紹介し、 ベストセラーとなった鈴木牧之の作品「北越雪譜(ほくえつせっぷ)」。 この中に登場する、山中に現れ、 旅人のにぎり飯をもらったお礼に荷物を担ぎ道案内をする毛むくじゃらの「異獣」のエピソードにちなんでつくられたのが「雪男」です。
日本酒ラベル・チョコレートのパッケージの「雪男」のイラストも、北越雪譜の異獣がモデルになっているのです。
木箱に描かれたなんとも愛らしい雪男の姿が目印です。

大人のバレンタインに!とろける日本酒生チョコレート「小町通りの石畳 雪男」

米本来の旨みを感じつつ辛口ですっきりキレのある日本酒「純米酒 雪男」は、まろやかなミルクチョコレートとの相性抜群! ほのかにスパイシーな風味、驚くような口どけは、クセになる味わい。
日本酒・お酒好きはもちろん、甘いものは苦手という方にも、喜んで味わっていただけるチョコレート。贈る時に語るストーリーがあるのも嬉しいですね。

 

今年のバレンタインは、「小町通りの石畳 雪男」を贈ってみてはいかがでしょう。食後に日本酒「雪男」とともに生チョコレートを味わうのも粋ですね!

 

cacao 直営店(鎌倉本店、ルミネ新宿、ルミネ大船)の他、以下にて限定販売中です!

 

■阪急グループ
阪急うめだ本店 1/24~2/14 博多阪急 2/1~2/14
■伊勢丹三越グループ
銀座三越  2/4~2/14 伊勢丹静岡 1/31~2/13
岩田屋 福岡本店 1/24~2/14 伊勢丹 浦和店 2/7~2/15
■高島屋グループ
名古屋タカシマヤ  1/18~2/14 新宿タカシマヤ 1/25~2/14
横浜タカシマヤ 1/26~2/14 京都タカシマヤ 1/24~2/14
玉川タカシマヤ 2/1~2/14 大阪タカシマヤ 1/24~2/14
遠鉄百貨店   1/25~2/14
■西武百貨店グループ
西武池袋本店 1/20~2/14 そごう横浜店 1/23~2/14
そごう千葉店 1/30~2/14
■東急グループ
東急百貨店東横店 2/4~2/14 渋谷ヒカリエ 2/1~2/14
■大丸・松坂屋グループ
松坂屋名古屋店 1/17 ~2/14 大丸神戸店  1/24~2/14
松坂屋静岡店 1/24~2/14 大丸東京店  1/25~2/14
松屋銀座  1/31~2/14
■羽田空港第1ターミナル 1/10~3/31

※掲載情報は 2018/02/11 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
大人のバレンタインに!とろける日本酒生チョコレート「小町通りの石畳 雪男」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

神森真理子

日本文化の伝道師/JTCL代表取締役

神森真理子

"ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社(JTCL)代表取締役。
慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹株式会社に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化・食・アートの魅力を発信するイベント企画・プロデュース・執筆・講演などを多数手掛ける。
日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。
日本文化関連の企画・コンサルティング、和の婚礼、日本文化を学べるwebスクール「nippon labo」などの事業を展開。日本酒「笑酒来福(しょうしゅらいふく)」、和のアクセサリー「豆銀(まめぎん)」など、和の商品企画・開発も手がける。
+ART CLUB/「食とアートの会」主宰。利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級として、食・酒関連の発信も多数。
【連載】「大和撫子のための和文化のいろは」、 「和な美 -wanna be-」 "

次へ

前へ