大納言と白小豆、私を虜にする極上ようかん

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

大納言と白小豆、私を虜にする極上ようかん

独特のもっちり感と風味はこだわりの深煉り製法

大納言と白小豆、私を虜にする極上ようかん

こよなく愛する極上羊羹だ。

この照り、この色、押し寄せる濃厚な大納言小豆の甘み。

むら雲羊羹をはじめて食べたのは20年ほど前。

甘みの王道を追求する私にとってこの羊羹は生涯の友になると感じた。

佐賀県小城市、名水百選に選ばれる水のきれいな土地。

20軒の羊羹店がある羊羹の里だ。

店の名はむら雲堂、創業は100年を超える。

支店は出していない。

この店だけで創業以来の人気と伝統を守り続ける。

まず大納言小豆を手作業で5、6時間かけて選別するところから始まるのだ。

独特のもっちりした食感の秘密は深煉り製法、あんを6時間以上も煉り続ける。

極上の甘さ、現在の甘味料を入れたような菓子類とは全く別世界である。

私は水羊羹のようなあっさりとしたものよりも、こってりまったりとした甘みが好きなのだ。

また、北海道の希少な白小豆を使った白小豆羊羹は、上品で味わい深い。他にはない逸品。

手間暇を惜しまず宣伝もせず黙々と作り続けてきたゆえに、通に愛される極上羊羹である。

大納言と白小豆、私を虜にする極上ようかん
大納言と白小豆、私を虜にする極上ようかん

※掲載情報は 2014/12/10 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
大納言と白小豆、私を虜にする極上ようかん
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

今井彰

小説家・テレビプロデューサー

今井彰

石川県輪島市の観光大使です。奥能登は食材の宝庫。輪島と連動しながら海の里、山の里の美食家垂涎の旨いものをお伝えします。ちなみに奥能登の寒ブリは震えがくるほど美味しいです。仕事はテレビプロデューサー、TOKYO MXテレビで「ようこそ櫻の国へ」を担当。昔はNHKでプロジェクトXのプロデューサー、菊池寛賞などを受賞しました。食に関する番組はたくさん作ってきました。全国ネットワークを駆使して、希少な食材や、生産者の素顔などもご紹介したいです。
もうひとつの本業は小説家です。「赤い追跡者」(新潮社)「ガラスの巨塔」(幻冬舎)
ハードな中身ですが、魂を込めました。是非読んでいただけると嬉しいです。
TOKYO FMのパーソナリティです。「サードプレイス」「今井彰のヒューマンアイ」のレギュラーを持っています。
男のダンディズムを追求する鎌倉シャツTexTeqの専属モデルをしています。
色んな仕事をしていますが、いつもベストのものを創作し、発信し、皆さんと時代を共有してゆければと願っています。一緒に愉しみましょう。

この記事をシェアする

次へ

前へ