本当の食通に贈る!京都のすっぽん鍋スープ!

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

本当の食通に贈る!京都のすっぽん鍋スープ!

ストレスフリーの環境で育てられた国産すっぽん!

プリップリでコラーゲンたっぷりの極上の国産すっぽん鍋を家庭で楽しむことが出来る逸品です。日本の食の最高峰である京都にお店を構える創業60年の老舗スッポン屋「京都 舞坂」さんが長崎県・五島列島の山奥のストレスフリーの環境で育て、厳選された活きの良いスッポンだけを使って一つ一つ丹念に作ったすっぽん鍋スープです。

 

透明で黄金色の極上のスープは上品かつコクがあり凝縮した旨味があるので、すっぽん好きには堪らない商品です。

 

私はすっぽんのスープとお鍋が大好きですが、本当に美味しいスッポンを気軽に頂くというのはなかなか難しいところでしたが、この「スッポン鍋スープ」は黄金色のスープの中にプリッとしたゼラチン質の肉厚な皮と食べ易い大きさにカットされた身が入っています。

 

1パックで約2人分の量なので手軽に楽しめて、新鮮なうちに食べきれるのも嬉しいです。家庭では味わえなかった料亭の味を存分に楽しんで頂けるのでオススメです!

本当の食通に贈る!京都のすっぽん鍋スープ!

スッポンは古くから珍重された食品として日本に伝わり、「医食同源」「美食同源」、「滋養競争の食品」としても根強い人気があリます。また新陳代謝を促し血行を良くする働きがあるので、肌の色艶も良くなるなど嬉しいことばかりです。

 

私が一番にこちらの商品を買った時は更に本格的な鍋スープのパックにすっぽんの甲羅が丸ごと入ったものだったのですが、そちらは量もかなり多めで一度では食べきれず、お鍋に入れたまま冷蔵庫に入れておいたら、翌日お鍋の中でスープが固まってプルプルのゼリーになっていました。

 

「すごい!本当にコラーゲンの塊りなんだ!」とビックリし、以前ゴージャス姉妹タレント○○姉妹が「美容のためにスッポンをよく食べる」。と言っていたのを思い出しました。

 

都内の高級デパートでも時々催事で商品を売ることがあるようですが、セレブや食通の方々から高い人気を集めています。

本当の食通に贈る!京都のすっぽん鍋スープ!

【私のおすすめの食べ方 〜スッポン丸仕立て〜】
1 お餅と長葱(1cmに切る)を香ばしく焼く(グリルパンかフライパンで)。
2 鍋にすっぽん鍋スープ、日本酒(50ml程)、焼いた餅と長葱を加えて
  軽く煮立たせれば出来上がり!
  栄養たっぷりの美容食の出来上がりです。簡単スッポン丸仕立ての深い味わいを
  
お楽しみ下さい!

 

【スッポン鍋】
1 土鍋にスッポンとスープを入れて加熱し、沸騰させる。
2 2〜3分沸騰させた後、お好みで豆腐、栗麩・椎茸・人参・白葱(焼葱)など入れて煮込む。
3 召し上がる前に刻む葱、針生姜(おろし生姜)を適量入れて出来上がり。


【スッポン雑炊】
1 お鍋を食べ終わったあとのスープを沸騰させます。
  スープが煮詰まっているときは、お湯で少しのばして下さい。)
2 沸騰させたスープに、水洗いし水気を切ったご飯を入れて沸騰させます。
 (ご飯の量よりスープを多い目にすると、サラサラのお雑炊が出来ます。)
3 2〜3分沸騰させ、溶き卵をまぶし出来上がり。
  刻み葱と海苔を添えてお召し上がり下さい。

本当の食通に贈る!京都のすっぽん鍋スープ!

「スッポンの丸仕立て」がお気に入りの食べ方です!ビタミン・ミネラルが豊富です。焼いた葱とお餅、日本酒を入れて一煮立ちさせます。

 

自然豊かな長崎県五島列島の静かな山奥で大切に育てられています。静かでストレスのない環境でのびのびと育てられたすっぽんを厳選して使用しています。

本当の食通に贈る!京都のすっぽん鍋スープ!
本当の食通に贈る!京都のすっぽん鍋スープ!
紹介しているお店
京都舞坂

※掲載情報は 2017/02/20 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
本当の食通に贈る!京都のすっぽん鍋スープ!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

売間良子

料理研究家

売間良子

外資系企業の役員秘書として従事。結婚後、インターナショナルスクールに通う5人の子供たちの子育てが落ち着いたのを機に、麻布で料理教室「グルメ クッキング ファクトリー」をスタート。家庭で簡単にレストランの味を目指す「おもてなし料理」と「健康&美肌クッキング」教室が好評。又、インターナショナルな環境で経験してきた外国人のホームパーティ、おもてなし術も伝授。料理教室での試食はワインとお奨めチーズと共に。友人宅のようにリラックスして楽しんで頂くことが心情。

(取得資格)
全国料理教会認定准教師資格
全国料理技術検定・上級
NPO日本食育インストラクター
ラフォンテ・イタリア料理研究家養成コース修了
Wiltonコース修了
CEYJapanケーキポップス・ディプロマ取得
食品衛生責任者

この記事をシェアする

次へ

前へ