赤と黒 眺めてはあきもせず 輪島塗

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2014/11/27 公開

記事詳細

赤と黒 眺めてはあきもせず 輪島塗

紹介している商品

紹介しているブランド


高級料亭などプロから指名される輪島塗

赤と黒 眺めてはあきもせず 輪島塗

人間国宝(沈金)の前史雄さんとテレビで対談することになり、輪島漆器のイメージトレーニング中。

石川県輪島市の観光大使をしている。

全国に漆器産地はいくつもあるが、重要無形文化財に指定されているのは、輪島塗だけだ。

人口三万人あまりの町だが、人間国宝が二人もいる。

伝統工芸士に認定されている職人は数知れず。

輪島塗の赤と黒のお椀。

じっと眺めると、艶光りしている。 周りのモノが映り込んでしまう。

家具の鏡面仕上げ、あるいは磁器のよう。

女性に例えれば、クールビューティか。

ところが、ぐっと握り締めてみると、木のぬくもりが手のひらに、じんわりと伝わる。

漆は日本人の心に落ち着きを与えてくれる。

英語でジャパンを意味するのも納得。

プラスチック食器では、この美しさと肌触りは味わえるはずもない。

輪島塗のお椀で食べるご飯は少し贅沢な気持ちにさせてくれる。

お椀は輪島の藤八屋さんのお仕事。

藤八屋の奥さん塩士純永さんはお友達。

ご主人は職人として工房に一日こもり、純永さんは店頭に立つ。

夫唱婦随だ。

藤八屋の店内も漆塗で素晴らしい。

私もいつか漆塗りの書斎を輪島に持ちたい。

赤と黒の空間ならば、いい小説が書けるかもしれない。

赤と黒 眺めてはあきもせず 輪島塗

※掲載情報は 2014/11/27 時点のものとなります。

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
赤と黒 眺めてはあきもせず 輪島塗
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

今井彰

小説家・テレビプロデューサー

今井彰

小説家です。
新刊小説「光の人」(文藝春秋)を出版しました。1000人の孤児を救った青年の話で、何度も涙すると、反響をいただいております。是非読んでいただき、感想をお聞かせください。
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163908977
「光の人」(文藝春秋)
他には「赤い追跡者」(新潮社)「ガラスの巨塔」(幻冬舎)を出しています。
昔はNHKのエグゼグティブプロデューサーで、プロジェクトX~挑戦者たち~を196本作りました。今でも伝説の番組として大事にしてもらい、ありがたい思いです。
食に関する番組は数多く作ってきましたので、ユニークかつ美味なものをお伝えできると思います。また石川県輪島市の観光大使をつとめ、奥能登の新鮮な食材に出会った経験も役に立つかもしれません、
それ以外には、大学の教授、ラジオのパーソナリティ、鎌倉シャツTexTeqの専属モデルなどもしてきました。色んな仕事をしてきましたが、いつもベストのものを創作し、発信してきました。ippinでも皆さまと一緒に楽しみたいと思います。

次へ

前へ