熟練職人が仕上げる本物の味Cacaotier Gokanの「カカオサンド」

熟練職人が仕上げる本物の味Cacaotier Gokanの「カカオサンド」

記事詳細


紹介している商品


どれも同じではなくなった、チョコレートも格差の時代を迎えました

熟練職人が仕上げる本物の味Cacaotier Gokanの「カカオサンド」

最近のブランドチョコレートは、手作りチョコレートと謳いながらも、工場で作られた商品をそのままお店に陳列して、外装ばかりを華やかに演出し、価格を無闇につり上げているのが現状です。私自身、無類のチョコレート好きなので、そんな現状を悲しく感じていました。

カカオ豆の調達、選別、焙煎、カカオマス作り、商品までを熟練の職人が仕上げる本物の味

熟練職人が仕上げる本物の味Cacaotier Gokanの「カカオサンド」

しかし最近、私が鮮烈な出逢いを果たしたチョコレートショップ「カカオティエ・ゴカン」さんは違っていたのです。洋菓子の名店「五感」さんが、満を持して立ち上げたチョコレートブランドが「カカオティエ・ゴカン」さんなのです。

 

選び抜かれた素材と、職人のこだわりが生み出した本物の味が、そこには有りました。そして、その素晴らしい商品の中でも、私が特にお勧めしたい一品とは、「カカオサンド」です。

優しくクセの無い味が、誰からも愛される逸品

熟練職人が仕上げる本物の味Cacaotier Gokanの「カカオサンド」

ガナッシュチョコレートをチョコレートサブレでサンドした「カカオサンド」の味は、優しい口溶けに深い味わいのカカオを、上品な食感のサブレで包み込んだ相性が絶妙で、本当に誰からも愛される至極のチョコレート作品だと思います。

 

そして、味も「ハイミルク」、「ヘイゼルナッツ」、「オレンジ」、「カフェ」と4種類あり、価格も1個378円(税込価格)と大変リーズナブルなので、男性に贈っても、自分へのご褒美としても、絶対に間違いのない商品です。

※掲載情報は 2017/02/09 時点のものとなります。

  • 25
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
熟練職人が仕上げる本物の味Cacaotier Gokanの「カカオサンド」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

近藤芳彦

京都観光おもてなし大使/(株)京都結代表

近藤芳彦

京都生まれの京都育ち。
私の曽祖父である石本暁海は八坂神社・北野天満宮狛犬や勢至丸さまの銅像製作など、伝統産業を支えてきた一人であります。
また私の父は表具師として掛け軸や屏風などの仕立てをし、祖父はお寺の住職をしていた事など仏教との深いかかわりもあります。そのような家系のもと、私は観光業として伝統を支えてきた人や物、文化に光が当たる観光を心がけております。

★平成18年「トラベル京都」代表就任
京都のラウンドオペレーターを目指し、着地型観光をベースとした旅行業をスタート

★平成23年「京都観光おもてなし大使」拝命
日々の活動の中でおもてなしの道を究め,京都の観光の質を高めるとともに,おもてなしの精神を伝承している幅広い分野の人材

★平成26年「京都府まちの公共員」就任
全国初の半公半民の非常勤職員。地域の実態把握や地元住民も含めた多様な主体との協働関係をつくり、地域住民自らがよりよい地域づくりができるような支援を行う立場として就任

平成28年「株式会社京都結」代表取締役就任
日本のモノづくりの光(人)を観る旅づくり企画、及び地域活性化につながるプロデュースを目指しスタート

次へ

前へ