レトロな箱がたまらない!銀座千疋屋のフルーツサンド

レトロな箱がたまらない!銀座千疋屋のフルーツサンド

記事詳細


紹介している商品


時代の流れも溶け込める箱とフルーツサンド

レトロな箱がたまらない!銀座千疋屋のフルーツサンド

今年最後の東京仕事の最終日。空港に行く前に銀座に立ち寄りました。お昼前の銀座。そのタイミングで買ってみたいのはフルーツサンド。

 

バラの絵柄が青い箱に描かれたレトロ感は、お店に入るとすぐ目につきます。そして中身が果たして何が入っているのか……。初めて見られる方は不思議になるかと思いますね。

レトロな箱がたまらない!銀座千疋屋のフルーツサンド

蓋を開けてみると、なんだか昔懐かしい感覚もある銀座千疋屋フルーツサンド!

 

いちご・メロン・柿・梨・栗・黄桃などが入った王道なサンド。生クリームに包まれてのサンドは幼き頃に特別な日に食べたような記憶があります。

 

このサンドを見ると今ではこのいちごの品種はなんだろう?と職業病になっているところが悲しいところです。

 

1口ずつ食べてみました。

 

やはりいつ食べても、クリームとフルーツのバランスが良く、甘さが控えめなところと、スイーツ感覚で食べるところが私の中でもお気に入りの中の上位。

 

そして気軽に食べるところとは裏腹に(笑)、銀座千疋屋本店でしか購入ができないところがまた特別感があります。

 

私のように旅行のお供に・お土産に・パーティのお土産にいかがですか?

 

とてもおすすめです!!

※掲載情報は 2016/12/18 時点のものとなります。

  • 17
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
レトロな箱がたまらない!銀座千疋屋のフルーツサンド
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

山口真理

スイーツプランナー

山口真理

カフェや企業などのメニュープランニング多数。全国を訪れて生産者と出会い、食卓をつなぐパイプ役として素材をベストな状態でスイーツに添えるレシピ提案をする。東京・福岡・北九州にてお菓子教室Bonappe'tit!!主宰。ワンランクアップさせたアイデアスイーツを各教室でご紹介している。Yahoo!JAPAN「日本の定番選定委員会スイーツ101」選定人。フェリシモ商品「シリコン型お菓子の会」「ミニシリコン型お菓子の会」プロデュース。フェリシモ出版「毎日のごはんを楽しく作る雑貨のカタログSweetsBook」出版。文化放送「ピピットサンデーWakuwakuMix」出演。2015年秋、都内に事務所設立予定。http://sweets-bonappetit.net/

次へ

前へ