地鶏銘柄鶏食味コンテストで全国No.1を受賞の地鶏岡崎おうはんの胸肉の削り節

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2016/10/29 公開

記事詳細

地鶏銘柄鶏食味コンテストで全国No.1を受賞の地鶏岡崎おうはんの胸肉の削り節

【太田商店】岡崎おうはん 鶏武士(とりぶし)

先日、愛知県岡崎市が100周年を迎えるとのことで、その記念プロジェクト「赤い糸新商品開発プロジェクト〜100周年記念岡崎特産品創造事業〜」にて、審査員として呼んでいただき、数々の素敵な商品に出会いました。その中で、最優秀賞をみごと受賞された商品がこちら!

地鶏銘柄鶏食味コンテストで全国No.1を受賞の地鶏岡崎おうはんの胸肉の削り節

愛知県岡崎市で飼料や鶏卵を扱う太田商店が販売する、地鶏「 岡崎おうはん」を使った削り節、その名も「鶏武士(とりぶし)」。自社農場で育てた純国産鶏のムネ肉を、3週間かけていぶし、ふんわりと削ったものです。

 

なんと、お料理の幅がひろがるようにと、削り方も2パターン。好みにあわせて選べるのはうれしいですね。どちらも、鶏の旨みと風味が凝縮されています。そのまま食べても味がしっかりしているので美味しいのですが、私のおすすめの食べ方は、この鶏ぶしをお湯でさっと煮出してチキンスープに。一般的な鶏ガラスープに比べて、すっきりとした、上品でやさしい味わいになるので、料理の腕あがったかもと勘違いしてしまいます。(笑)

 

他にも、卵かけご飯や炊き込みご飯にトッピングしても、鶏の旨味が楽しめて最高に美味しいですよ。

地鶏銘柄鶏食味コンテストで全国No.1を受賞の地鶏岡崎おうはんの胸肉の削り節

この原料の純国産地鶏「岡崎おうはん」は、2012年東京食肉産業展(地鶏銘柄鶏食味コンテスト)で最優秀賞を受賞するほど、美味しい地鶏。しっかりとした歯ごたえと、味の濃さが特徴。

 

地元・愛知の名産として是非全国で知ってもらいたい、美味しい一品です。

紹介しているお店
株式会社太田商店

※掲載情報は 2016/10/29 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
地鶏銘柄鶏食味コンテストで全国No.1を受賞の地鶏岡崎おうはんの胸肉の削り節
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

森朝奈

株式会社寿商店 常務取締役

森朝奈

愛知県名古屋生まれ。早稲田大学国際教養学部卒業後、楽天株式会社で東京勤務したのち、家業である魚屋の跡取りとして地元・名古屋へ。現在は、鮮魚卸・小売の「株式会社寿商店」の常務取締役として、卸事業の他に、愛知県内で直営飲食店「魚屋の台所 下の一色」「天ぷらめし 下の一色」を営む。代々魚屋の家系で育った、生粋の魚好きで、旬魚から雑魚まで毎日何かしら魚を食べ、また仕事柄、視察など食べ歩きが多いので、名古屋発信グルメも得意ジャンル。 
●株式会社寿商店HP:
 http://www.s-kotobuki.co.jp/index.html
●寿商店ぐるなびオンラインショップ:
 http://shop.gnavi.co.jp/kotobuki/

この記事をシェアする

次へ

前へ