【長崎・島原】ロシア人より伝授されたジューシーな「雲仙ハム」

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2016/06/03 公開

記事詳細

【長崎・島原】ロシア人より伝授されたジューシーな「雲仙ハム」

島原産豚肉が主原料のボロニアソーセージ

【長崎・島原】ロシア人より伝授されたジューシーな「雲仙ハム」

僕は東京・大手町にあるご当地やきとりのテーマパーク『全や連総本店 東京』の名誉館長もしている事もあって、全国各地に伺った際は、仕事以外にも夜にやきとり屋さんを訪れるんですね。各地にそれぞれ特徴のあるご当地やきとりがあって、けっこう興味深いのです。例えば、福岡ではお皿に酢だれのかかった生キャベツが出てきて、その上にやきとりを置いて行くんです。この「酢だれ文化」は九州各地や広島あたりまで広がっています。先日、長崎県島原市に伺ったのですが、こちらも概ね、そうです。でも、僕は他にも島原のやきとり店の特徴に気付きました。それは、メニューに必ずといっていいほど「ハム焼き」がある!出てきたのが、ソーセージを輪切りにして串に刺して焼いたもの。これが、ものすごく旨い!予想だにしないというか、不意打ちをくらったような驚きもあって、お代わりしちゃったほど。調べたら島原市有明町に『有限会社 長崎雲仙ハム』という会社があり、地元で大評判なことが分かりました。創業者が、戦前にユーラシア大陸で白系ロシア人に製法と技術を学び、改良を重ねて作り上げた一品。だからでしょうか、正式なメニュー名は「ポークソーセージ(ボロニア)」。

雲仙のイラストも描かれた地域ブランド的な一品

【長崎・島原】ロシア人より伝授されたジューシーな「雲仙ハム」

吟味された島原半島産の良質な豚肉を主原料としたポーク100%のソーセージは、肉はもちろん、脂の甘味が合わさって、上質な味わいを醸し出しています。しかも添加物である保存料を使用していません。そのままスライスするのもいいですが、温めるとさらに美味しさがUP。炭火までは必要ないです。輪切りにしてフライパンで焦げるまで焼くと、熱々でジュワーっとジューシー。まさに絶品です!

※掲載情報は 2016/06/03 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【長崎・島原】ロシア人より伝授されたジューシーな「雲仙ハム」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

はんつ遠藤

フードジャーナリスト

はんつ遠藤

東京在住。早稲田大学教育学部卒業。海外旅行雑誌のライターを経て、テレビや雑誌、書籍などでの飲食店紹介や、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリストに。ライターとして執筆、カメラマンとして撮影の両方をひとりでこなし、取材軒数は8000軒を超える。全国のご当地グルメの知識と経験を活かし、ナムコのフードテーマパーク事業にも協力し、現在、東京・大手町のご当地やきとりテイスティングパーク「全や連総本店 東京」の名誉館長も務める。『日経トレンディ』にてトレンドリーダーにも選出。「週刊大衆」「JAL(Web)」などに連載中。また近年は料理研究家としてTVラジオ雑誌などで創作レシピを紹介している。著書は『はんつ遠藤のうどんマップ東京・神奈川・埼玉・千葉』(幹書房)、『おうちラーメンかんたんレシピ30』『おうち丼ぶりかんたんレシピ30』『全国ご当地やきとり紀行』など25冊。

次へ

前へ