明治43年創業の老舗店が手掛ける「錢屋カフヱー」のカスタードプリン

明治43年創業の老舗店が手掛ける「錢屋カフヱー」のカスタードプリン

記事詳細


紹介している商品


さまざまなプリンがあるけど、懐かしさが一番

明治43年創業の老舗店が手掛ける「錢屋カフヱー」のカスタードプリン

小さい頃から慣れ親しんでいるスイーツのひとつにプリンがあります。特にプリンの型に牛乳と砂糖を加えた卵液を入れて加熱したカスタードプリンは日本でも定番。

日本には江戸時代後期から明治時代前期に伝わったそうですが、今では全国各地に様々なプリンが。現在も「プリン博覧会」などのイベントも開催され、賑わっています。

口当たりも濃厚なタイプからふわっとしたタイプまでバリエーション豊富ですが、とても懐かしい感じのタイプに出会えました。それが「ZENIYA PUDDING」。

大阪の上本町にある錢屋本舗は明治43年創業の老舗の菓子・食品類企画卸売屋さん。本当に上本町駅の目の前に広大な敷地を有していて、本社ビルは堂々たる風格が。

濃厚でしっかりとした中に、なめらかさも活きる

明治43年創業の老舗店が手掛ける「錢屋カフヱー」のカスタードプリン

凄いのは問屋さんなのにイベントスペースもあって各種催しを開催したり、1階部分は改装して、天井の高い重厚かつ洒落た雰囲気のカフェを運営したりと、企業体質が斬新です。

特に1階の「錢屋カフヱー」は素敵な空間とこだわりのコーヒーやケーキなどのほかに、無声映画上映会をなさったりと、上本町でも話題のカフェ。

メニューの中でも名物と言えるのがカスタードプリン。容器に入ったタイプはテイクアウト用ですが、これがもう、懐かしさたっぷりな完成度です。

新鮮な卵と牛乳をたっぷり使用した、けっこう濃厚でしっかりとした味わい。と共になめらかさもあるのが凄いというか高バランスというか。

器も可愛いので、食べ終った後は、ディスプレイにしても素敵です。なにせ、味が、幅広い年齢層にぴったりな感じで、お土産に差し上げるのにもうってつけです!

※掲載情報は 2019/08/07 時点のものとなります。

  • 0
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
明治43年創業の老舗店が手掛ける「錢屋カフヱー」のカスタードプリン
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

はんつ遠藤

フードジャーナリスト

はんつ遠藤

東京在住。早稲田大学教育学部卒業。海外旅行雑誌のライターを経て、テレビや雑誌、書籍などでの飲食店紹介や、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリストに。ライターとして執筆、カメラマンとして撮影の両方をひとりでこなし、取材軒数は8000軒を超える。全国のご当地グルメの知識と経験を活かし、ナムコのフードテーマパーク事業にも協力し、現在、東京・大手町のご当地やきとりテイスティングパーク「全や連総本店 東京」の名誉館長も務める。『日経トレンディ』にてトレンドリーダーにも選出。「週刊大衆」「JAL(Web)」などに連載中。また近年は料理研究家としてTVラジオ雑誌などで創作レシピを紹介している。著書は『はんつ遠藤のうどんマップ東京・神奈川・埼玉・千葉』(幹書房)、『おうちラーメンかんたんレシピ30』『おうち丼ぶりかんたんレシピ30』『全国ご当地やきとり紀行』など25冊。

次へ

前へ