長野県白馬村で発見!糖度も高くジューシーさと酸味が美味しい「食用ほおずき」

長野県白馬村で発見!糖度も高くジューシーさと酸味が美味しい「食用ほおずき」

記事詳細


紹介している商品


昨年の秋に強烈なフルーツ「食用ほおずき」に出会ってからというもの、秋という季節が待ち遠しくてたまらなくなってしまった。

 

そもそも「ほおずき」って生で食べられるの?なんて思っていたのだから情けない。

 

ふわっと包まれた薄い皮を剥くと、ほのかな柑橘系の香りと共にオレンジがかった黄色い実がちょこんと顔を出す。これもまた可愛い!

 

それを口に含むと!その瞬間から味覚のアドレナリンが出まくり、こんな美味しいものに巡り合えた幸せに身震いしてしまった私。そして、これを密かに買い占めて、自分だけで食べ尽してしまいたい衝動をどう抑えたらいいのか、という複雑な気持ちと戦うことになる。

長野県白馬村で発見!糖度も高くジューシーさと酸味が美味しい「食用ほおずき」

さて、その極上とも逸品ともいえるほおずきは長野県は標高700mの白馬村から届けられる。

 

自然豊かな白馬村で育った食用ほおずきは、北アルプスからの風と太陽の光をたっぷり浴びて育ち 、上品な香りと糖度の高さが特徴。生産しているのは白馬サンサン会のご夫人たち。ほとんどが女性で、ほおずき場の土の管理や施肥(牛糞堆肥)作業、マルチ掛け、除草等は手作業で行っており、農薬や消毒は避けて安

全安心な食用ほおずきを育てていると、代表の平瀬久美子さんは話す。

 

平瀬さんには一度お会いしたのだが、のんびりした優しい方で、「あ~こういう方がお作りになっているんだから、やさしい味わいになるんだろうなあ」と思えたりするのだから不思議だ、いや当然か。野菜ソムリエでもあり、食育指導士でもある平瀬さん、ことほおずきの話になるとさらに優しい表情になって、ほおずきを手のひらにのせて想いを語って下さる。

 

「食用ほおずき」を手にとると、まず柑橘系特有のフルーティーな独特の香りが漂う。糖度は13〜14度と高く、口にふくむと幾重にも重なる複雑な味わいが口いっぱいに広がる。南国フルーツのような香りと味、ジューシーさ、程よい酸味……これまでにない美味しさのとりこになること間違いなし。

 

「食用ほおずき」には、ビタミンA、ビタミンC、鉄分、イノシトールが含まれている。

 

「太陽の子」はうずらの卵くらいの可愛い小粒な実で、ココナッツミルクのような甘くて優しい香りがします。濃い甘みとコクのある味が特徴。

 

「オレンジチェリー」はピンポン玉くらいの大きな実で、ココナッツミルクのような甘くて優しい香りがします。やや酸味を含んだすっきりとした甘さ。

 

さあ、この秋には希少な食用ほおずきをぜひ! 問い合わせ先 0261-72-2273 平瀬久美子

 

サイトでは完売になっていますが、在庫はありますので大丈夫です。

長野県白馬村で発見!糖度も高くジューシーさと酸味が美味しい「食用ほおずき」

※掲載情報は 2015/10/12 時点のものとなります。

  • 11
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
長野県白馬村で発見!糖度も高くジューシーさと酸味が美味しい「食用ほおずき」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ