予約がおすすめ 大切な方への手土産に虎ノ門岡埜栄泉本店「豆大福」

予約がおすすめ 大切な方への手土産に虎ノ門岡埜栄泉本店「豆大福」

記事詳細


豆大福と言えば、岡埜栄泉

初めてその化粧箱の蓋を開けた瞬間、「なんて美味しそうな豆大福!」と心が躍りました。

 

ずっしりとしたその豆大福をひと口頂いた瞬間、上品な甘さの餡とバランスの取れた厚みのやわらかなお餅、そして赤えんどう豆のほどよい塩味が口一杯に広がり、見た目の予想を裏切らないその味わいに、以降、虎ノ門岡埜栄泉本店の豆大福の大ファンになりました。

 

普段、和菓子を積極的に口にする機会が少ない私ですが、こちらの豆大福は別格で、数少ないお気に入りの中の一つです。

予約がおすすめ 大切な方への手土産に虎ノ門岡埜栄泉本店「豆大福」

以前、急な訪問先へのお手土産にと当日の午後にお店に向かいましたが、残念ながら本日分は売れ切れ。いつも、こちらの豆大福をお持ち下さるお得意様は、前もって予約をされたり午前中から並んでご用意して下さっていたことを知り、改めてその有難みをひしひしと感じました。


美味しさや見た目の美しさはもちろんのこと、お手元に渡るまでの背景を知ると感慨深さもひとしおです。

先日、目にした日経新聞のプラス1何でもランキング「手土産 秘書の切り札はコレ!」にも、東日本部門の第3位として掲載されていました。

 

手土産と言うと、日持ちのするものを中心に選びがちですが、このように当日中にご賞味頂きたいお品物の場合は「こちらは○○ですので、お早目にお召し上がり下さい」と一言添えることによって、話の花を咲かせるきっかけにもなるのではないでしょうか。

豆大福

虎ノ門岡埜栄泉本店 東京都港区虎ノ門3-8-24

※掲載情報は 2015/09/15 時点のものとなります。

  • 30
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
予約がおすすめ 大切な方への手土産に虎ノ門岡埜栄泉本店「豆大福」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

古谷杏子

秘書

古谷杏子

社長秘書10年の経験と、趣味のワインスクールで学んだ知識をフルに活かしてプレゼンをしていきたいです。
お手みやげ選びは、先ずお伺いする先様のシチュエーションをイメージします。定番の日持ちする小分けのお菓子だけではなく、その日のうちにお召し上がり頂ける場合は季節を感じられるフレッシュなフルーツやデザート類も喜んで頂けます。お酒の場には、普段自分用には買えないようなおつまみや拘りポイントのあるワインを選ぶことが多いです。
仕事上、飲食店や手みやげ類の情報にはいつもアンテナを巡らせ、感度を良くしておきます。また、同業の友人同士との情報交換も欠かせません。
お渡しする方が、いつ・どなたと・どのようにお召し上がりになるのかを想像する段階から「おもてなし」は始まっています。

次へ

前へ