ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」

ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」

記事詳細


ひさしぶりにホームパーティーを開くなら、気合いたっぷりでゲストをお迎えしたいもの。とはいえ、忙しい毎日の中、前もってたくさんのお料理を準備するのは大変ですね。そんなときは、お取り寄せ料理を活用してみましょう。たとえばアペタイザーやメインディッシュの一品だけをお取り寄せ料理に変えてみるだけでも、準備は格段に楽に、そしてテーブルはとても華やかになります。気になるワンランク上のお取り寄せ料理。今度のパーティーで試してみませんか?

1:創業150年。京都が誇る下賀茂料亭から、残暑を美しく彩る一品

ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」

いつかは行ってみたい高級料亭が軒を並べる憧れの土地、京都。京都では100年を超す老舗も珍しくない中、「下鴨茶寮」は150年(!)もの歴史を持つ超老舗です。1856年、世界文化遺産・賀茂御祖神社(下鴨神社)の包丁人を平安時代から務めてきた佐治家が創業したそうです。下賀茶寮の季節限定の高級惣菜が「夏野菜と魚そうめん」。カップの中は、下から温玉、出汁のジュレ、魚そうめん、トマト、オクラと錦糸卵、赤と黄色のパプリカ、きゅうりが、彩り豊かな層を作っています。そして、一番上には京都らしく鱧(ハモ)。秋の気配が色濃くなりつつありますが、残暑の楽しみとして、お取り寄せてみては?

2:パーティーの主役は今話題の「門崎熟成肉」の400gで決まり!

ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」

グルメの中ではすっかり定着した「熟成肉」。中でも「門崎熟成肉」は、肉職人が厳選した牛肉を、計6週間ほどエイジングを行い、熟成を施した牛肉ブランドです。そんな門崎熟成肉をお家で食べられるセットがこちら。じっくり熟成されたお肉は赤身の旨みと肉の脂身がバランスよく引き出され、胃が重くならずにいくらでもパクパクと食べられそう。見た目にも圧巻の400gは、パーティーが盛り上がったタイミングを見計らって焼きたてで出したいもの。味の保証もさることながら、焼きたての大きな肉の塊は場を盛り上げること間違いなし!

3:お店には売っていない!お取り寄せだけで食べられる出汁の効いたもつ鍋

ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」

おいしいお出汁がだしパックなどで簡単に取れるとして、人気の出汁屋の「茅野屋」。六本木ミッドタウンのショップもいつも人でにぎわっていますね。意外と知られていませんが、茅野屋では、出汁を活かした「もつ鍋」があるのです。店頭では売っておらず、注文はお取り寄せのみ。カツオや昆布などがしっかり効いた出汁に、コクのある醤油が効いたスープは、もつ鍋にぴったり。もちろん、スープだけじゃなく、モツもセットになっています。ニンニクや唐辛子はお好みで調整できるようになっているので、ちょっと変わった鍋パをしたいという人におすすめ!

4:テーブルを色鮮やかに彩る!華やかなロール寿司で外国チックなパーティー

ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」

ヘルシーで美しいお惣菜で人気の「京樽」。その京樽が満を持してスタートしたデリ専門店が「Sushi Avenue K's」です。海外のフードを意識したという新業態には、斬新でおしゃれな料理がたくさん。中でも1番人気は「ロール寿司」。ロース寿司とは、海苔を内側に巻いて作る裏巻きで、表面にはアボカドやカニ、穴子などの具材が巻かれているもの。海苔巻と違ってカラフルな出来栄えのロール寿司は、テーブルを色鮮やかに彩るので、ホームパーティーにぴったり!店頭で食べやすい大きさにカットしてもらえるので、色んな種類をみんなで食べ比べるのも楽しいですよ!

5:日本でいちばん古い中華店。お取り寄せ飲茶でチャイニーズパーティー!

ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」

横浜中華街にある「聘珍樓」は日本で最も古い中国料理店です。創業は横浜開港間もない1884年。これまで、日本で数々の中華料理を広げてきました。今回ご紹介するのは、「聘珍樓」の人気料理「点心」。もちもちの皮とぷりぷりの中身がおいしい「海老入り蒸し餃子」、「フカヒレ入り餃子」、「干し貝柱入りニラ餃子」や、アツアツの肉汁がじわじわと出てくる「小籠包」、「五目入り揚げもち餃子」など、日本人の口に合う点心はパーティーを盛り上げてくれるはず。点心に合う紹興酒や中国茶を用意して、チャイニーズパーティーを開催してみては?

6:こだわり方が半端じゃない。焼酎の王様と呼ばれるプレミアム酒「百年の孤独」

ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」

焼酎の王様とも呼ばれるのが宮崎産の焼酎「百年の孤独」。名前は知っているけど、飲んだことはないという人も多いのでは。コロンビアのノーベル文学賞受賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの同名の小説「百年の孤独」から命名されたこの焼酎。ウィスキーのように樽のフレーバーを感じる風味で、皇太子殿下もお気に入りなのだとか。芋や水などの原料はもちろん、酒造りやリサイクルなど、全ての製造工程を徹底的にこだわったプレミアム焼酎として、国内外で高い評価を得ています。印象的なネーミングやパッケージからもストーリーを感じる一本。お酒好きが集まる日に用意するのもよいかもしれませんね。

7:一度は食べてみたい。憧れの5つ星ホテルの自慢のマンゴープリン

ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」

最後を締めくくるのは、一流パーティーの締めにふさわしいとっておきのスイーツ。世界の5つ星ホテルに名を連ねるマンダリンオリエンタルの「マンゴープリン」です。マンダリンオリエンタルの名物として有名ですが、贅沢な一品。なかなか食べる機会はないですよね。さわやかなジュレにマンゴーの果肉がごろごろと入ったプリンは、トロピカルフルーツの芳醇な甘さと、ジュレの涼しげな食感が印象的。レストランやパーティーの格を決定づけるといわれるスイーツ。ワンランク上のもので、華やかに締めくくってみましょう!

※掲載情報は 2015/09/09 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ホームパーティーの達人が選ぶ!手軽なのに豪華な「おもてなしグルメ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ