離島の賜物 与論島のショウガを応援する「46ジンジャーエール」

離島の賜物 与論島のショウガを応援する「46ジンジャーエール」

記事詳細


紹介している商品


与論を応援し、そして購入者にも商品を通じて「応援」を届けたい!

鹿児島県の最南端、人口約6,000人の小さな島、与論島で生まれたショウガをたくさん使った46GINGER ALEをご紹介!

 

ダジャレのような、本当の話。この46 GINGER ALE(ヨロンジンジャーエール)は、「46=与論」「GINGER=特産品のショウガ!」「ALE=応援・声援」という造語から生まれたジュースです!今回紹介するのは、この2種類、「甘口ジンジャーエール(白色のもの)」と「辛口ジンジャーエール(濃い色のもの)」です。

 

甘口ジンジャーエールは、炭酸が苦手な人にも安心の微炭酸で、手作りのやさしい味が特徴的。小さな与論島で愛情いっぱいに育った生姜で作られたジンジャーエールは、ショウガの味を効かせつつ、まさにお子さまからお年寄りまで、気軽に飲める一品です。

 

一方、辛口ジンジャーエールは、辛いけど、どこか優しい、そんな「大人のジンジャーエール」です。与論島の大地で大事に育てられた生姜を使用し、本物の良質の生姜だけがもつ香りの高さとピリッとした辛味が特長です!

 

実はこの46ジンジャーエールの生みの親である富士(ふじ)さんが、亡くなれたお父様の故郷である与論島を訪れたのが、商品が生まれるきっかけでした。そのすてきな自然と立派なショウガを育てているお父様のご友人との出会いが、この商品を世に出す源になったそうです。(なんと脱サラしての起業です!)そんな富士さんへのエール、そして与論島へのエールということで、ぜひみなさんにこの「46ジンジャーエール」を飲んでほしいと思っています!

 

ネットでも購入できるのですが、なんと、大阪駅「グランフロント大阪 SHUN SHOKU LOUNGE」でも購入できるとか!(実際に売れ行きも好調とのこと!)ぜひ大阪にお越しの際には、SHUN SHOKU LOUNGEにて商品をチェックしてみてください!

離島の賜物 与論島のショウガを応援する「46ジンジャーエール」

※掲載情報は 2015/06/18 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
離島の賜物 与論島のショウガを応援する「46ジンジャーエール」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

松田龍太郎

食業プロデューサー

松田龍太郎

「食生活のスタンダードを向上させるをコンセプトに食を中心とした企画プロデュース業を日々営む。
また一般社団法人「日本パイ倶楽部」共同代表として、「ごはん、パン、パイ」を合い言葉に、パイを食する活動をはじめている。」

次へ

前へ