岩手のソウルフード福田パン。一番人気は「あんバター」

岩手のソウルフード福田パン。一番人気は「あんバター」

記事詳細


紹介している商品


岩手で愛されるコッペパン。その人気は全国区に。

岩手のソウルフード福田パン。一番人気は「あんバター」

「福田パン」と言えば地元では知らない人がいない、コッペパンのお店。1948年創業、岩手県盛岡市で長らく地元のお客さんに愛される老舗です。ふんわりしっとりした大きめのコッペパンに、ジャムや具材を挟んでくれる今やご当地グルメです。岩手に行くときには必ず「福田パン」に寄るのですが、なんとその「福田パン」が都内でも百貨店の催事に出展するというので行ってみました。 催事に着いてびっくり。「福田パン」の前には長い行列が出来ていました。地元だけにとどまらない、今やその人気は全国区ですね。 「福田パン」のコッペパンは専用の自社工場で焼いたものを当日搬入しています。酵母の発酵に特徴があり、創業から守る秘伝の製法で作られています。ふんわり、そしてしっとり。ほんのり甘味を感じるコッペパンは、どんなジャムや具材をはさんでもその美味しさを引き立ててくれます。 昔はジャムやあんなどが2~3種類ほどでしたが、今は60種類近くの具材やクリームがあります。お客さんが好きな物を組み合わせてオリジナルのコッペパンを作ることもできるので、バリエーションは数えきれません。 一番人気は「あんバター」。間違えて一緒にコッペパンに塗ってしまったことから生まれたという組み合わせですが、福田パンが初めてという方にはまずこの「あんバター」を食べて欲しいです。こしあんとバターの組み合わせは、甘くてほんのりしょっぱくて。手のひらを超える大きさのコッペパンなのに、ぺろっと一個食べられちゃうから罪な美味しさです。 その他チョコレートにホイップ、すりおろしりんごジャムにブルーベリージャム、ヨーグルトにごぼうサラダと、豊富なジャムやクリーム、具材からどれを選ぼうか迷うのも、また美味しさのひみつかもしれません。初代社長は宮澤賢治の教え子だったとか。岩手に生まれ岩手で育ったコッペパンは、地元を越えて愛されるソウルフードになっています。

岩手のソウルフード福田パン。一番人気は「あんバター」

コッペパン

福田パン:盛岡店 岩手県盛岡市長田町12-11

※掲載情報は 2015/05/01 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
岩手のソウルフード福田パン。一番人気は「あんバター」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

柳沼愛子

アナウンサー/ヨーグルトソムリエ

柳沼愛子

地方局でのアナウンサー経験から全国の美味しいものを独自取材。またヨーグルトソムリエとして世界のヨーグルトに精通。局アナnet日本ベジフルアナウンサー協会の代表も務め、「食」の情報発信をアナウンサー仲間と行っている。野菜コーディネーター。現在TVCMクレハ「キチントさんシリーズ」に出演中。その他レポート・撮影もこなす動画制作が人気。☆東北放送ラジオ「Good モーニング」内「ベジフル通信」出演 ☆食と農まつり(福島県白河市) ベジタブルステージ出演 ☆FOODEX 美食女子ママの愛グランプリ 審査員・出演 ☆The Manhattan FISH MARKET オープニング記者発表会 出演 ☆本「ふくしま山菜探検隊」出演など

次へ

前へ