今だからこそ、お家で星野リゾート気分。界日光の「羊羹フォンデュ」

今だからこそ、お家で星野リゾート気分。界日光の「羊羹フォンデュ」

記事詳細


紹介している商品


日光の銘菓である羊羹を溶かして楽しむ「羊羹フォンデュ」とは?

なかなか旅行に行けない今、お家で星野リゾートのお部屋スイーツを楽しめます。
星野リゾート 界 日光では「日光やくばらい湯治プラン」というものがあり、1泊2泊で世界遺産になった別院の「立木観音」では護摩祈祷、二荒山神社中宮祠で厄払いのご祈祷を受けることができます。

今だからこそ、お家で星野リゾート気分。界日光の「羊羹フォンデュ」

ご本尊様の前でお写真を取らせて頂きました。(許可を得ています。)

疫病退散という人間にコントロール出来ない事は、神頼みに。

ご祈祷のお陰で心が穏やかになります。

宿泊してのご祈祷は、ゆったり身体を癒し、江戸時代の「日光詣」の楽しみを感じる事もできる時間でした。

界日光では、密を避けるためお部屋でスイーツをいただけます。

 

今だからこそ、お家で星野リゾート気分。界日光の「羊羹フォンデュ」

羊羹を溶かした「羊羹フォンデュ」。
とちおとめと三色団子を餡につけて頂くと、ほんのり温かい和菓子を食べているようです。


中禅寺湖と雪をながめながらの「羊羹フォンデュ」。おいしい〜。
この手があったか!といつも星野リゾートさんにはびっくりさせられます。
社員が一丸となって進める「魅力会議」の賜物と思います。

 

今はなかなか旅行に行けませんが、この「羊羹フォンデュ」はお土産で買って来る事が出来ます。

液状の羊羹フォンデュの元がレトルトパックになり、

温めて器にだすだけで、出来上がりです。

気持ちは星野リゾ−ト滞在です。

 

少し落ち着いたら、現地に赴いてみる理由ができます。

行けないからこそ、想像旅を味で感じる。

それが出来るのが、レトルトになった羊羹フォンデュ。

自宅でフルーツを切って餡子マッチングを楽しんでみてはいかがですか?

 

 

今だからこそ、お家で星野リゾート気分。界日光の「羊羹フォンデュ」

※掲載情報は 2021/02/18 時点のものとなります。

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
今だからこそ、お家で星野リゾート気分。界日光の「羊羹フォンデュ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

大桃美代子

タレント・新潟食料農業大学客員教授

大桃美代子

地域活性イベントも各地で行ってきたタレントとして、ニュースをはじめ、料理、クイズ、バラエティ、情報番組と、幅広い分野で活躍。 韓流にはまり、韓国に語学留学をするほど韓国好き。訪問回数も非常に多く、映画・ドラマ・文化・観光名所だけでなくグルメからパワースポットまで幅広い韓国情報通。 「阪神・淡路大震災」は大阪滞在中に、「中越地震」を新潟県魚沼市の実家に帰省中に被災し、災害と復興について考えるきっかけに。風化させないことをテーマに情報発信や、復興の為の地域活性化にも携わる。雑穀エキスパート、ジュニア・野菜ソムリエ、おさかなマイスター・アドバイザーの資格を取得するなど食育や農業に関心が高く、地元の新潟にて古代米作りもする。『桃米』として販売中。 地域活性化に取り組む団体を支援するため全国地方新聞と共同通信が設けた『地域再生大賞』選考委員を務め、各地の取組みを視察。様々な地域での取組みを紹介する講演が好評を得ている。そのほか『リアル桃太郎電鉄』、『熊本ワイチャ会議』…など、地域活性イベントも各地で行ってきた。

次へ

前へ