一度食べるとクセになる!京都限定“バターサンド<宇治抹茶>”は手土産に最適

一度食べるとクセになる!京都限定“バターサンド<宇治抹茶>”は手土産に最適

記事詳細


紹介している商品


抹茶バタークリームの苦味とキャラメルバターのほど良い甘さが絶妙なバランス

一度食べるとクセになる!京都限定“バターサンド<宇治抹茶>”は手土産に最適

2017年の登場以来、いまだ行列が絶えないバターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」。
その人気の「PRESS BUTTER SAND」が昨年10月に京都に進出。レギュラー商品のバターサンドに加えて、京都限定商品「バターサンド<宇治抹茶>」を発売。
以前から気になっていたバターサンド。京都でしか購入できないとなると、余計に食べたくなりますよね。
限定モノに弱い私。
先日、京都に行ったので、早速、限定のバターサンドを購入してきました。
京都限定のバターサンドには、生地とバタークリーム共に宇治抹茶を使用。抹茶本来の芳醇な香りがバターのコクを引き立てています。
クッキー生地は、この商品のために開発されたオリジナルのプレス機を使用し、和菓子の製法にルーツを持つ「はさみ焼き」でひとつひとつ丁寧にプレスされています。
クリームは、フレッシュバターを使った滑らかなバタークリームとトロリとしたバターキャラメルの2層構造。

一度食べるとクセになる!京都限定“バターサンド<宇治抹茶>”は手土産に最適

京都限定の宇治抹茶は、抹茶バタークリームの苦味とキャラメルバターのほど良い甘さが絶妙で、滑らかなクリームとサクサクの食感のクッキー生地とのバランスが良く、甘さ控えめで美味。
バターサンドというとちょっとこってりとしたイメージがあると思いますが、こちらは意外とあっさりしているので、ついついもう一つと手が伸びてしまいます。

一度食べるとクセになる!京都限定“バターサンド<宇治抹茶>”は手土産に最適

クッキーは、挟んだ時に柔らかいフィリングがはみ出さないようにボックス型にして閉じ込め、表面の模様はデザインだけでなく、食べやすく割れるように設計。食べやすさまで追求されています。
限定商品のパッケージにも、京都ならではのアートワークが取り入れられ、宇治抹茶特有の日光を遮断する栽培方法からインスピレーションを受け、ネイビーをあしらった特別仕様のカラーリング。

一度食べるとクセになる!京都限定“バターサンド<宇治抹茶>”は手土産に最適

抹茶はとても繊細で、光に当てると色と風味が損なわれるそうで、これを防ぐための遮光の機能性を兼ね備えたカラーリングになっているそうです。
美味しさだけでなく、様々なところにこだわりを感じる商品は、お土産に最適。
京都土産としてはもちろん、海外の方へのお土産にもおすすめです。

一度食べるとクセになる!京都限定“バターサンド<宇治抹茶>”は手土産に最適

※掲載情報は 2019/03/16 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
一度食べるとクセになる!京都限定“バターサンド<宇治抹茶>”は手土産に最適
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

石松利佳子

料理研究家

石松利佳子

「身体の中から美しく」をコンセプトに、マクロビオティック×薬膳×スーパーフードを融合させた植物性100%の料理教室「Salon de R」を主宰。

病気をきっかけに食事を見直し、“身体は自分が食べた物でできている”と実感。外食は楽しみつつも自宅での食事をマクロビオティックに変えて身体が元気になったことから、「食と健康」について興味を持つ。その後は、中国の医学理論に基づいた薬膳を学び、季節や体質、心と身体のつながりなど、その人の状態によって食べるべきものが変わることを知り、料理教室だけでなく薬膳の理論が学べる資格取得講座をスタート。

その他、ワインスクールや短大での講師、豆腐マイスター認定講座、WEB・雑誌にてコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ提供や商品開発なども手掛ける。

次へ

前へ