知る人ぞ知る!代官山『シェ・リュイ』特製、シャンパーニュと愉しむ塩味の一粒パイ

知る人ぞ知る!代官山『シェ・リュイ』特製、シャンパーニュと愉しむ塩味の一粒パイ

記事詳細


紹介している商品


東京・代官山の『シェ・リュイ』。1975年の創業当時から、「目新しさを追い求めるようなことはしない」というポリシーを掲げ、手掛ける商品は全てしっかりと根付いた技術の上に新しい味わいを創造する、流行とは一線を画すクラシカルなスタイルが特徴の老舗洋菓子店です。バターの芳醇な香りに包まれた店内には色とりどりのパンやケーキが並んでいて目移りしてしまうほど。そんな『シェ・リュイ』の店舗で長年のリピーターが多い人気商品が、知る人ぞ知る逸品「プティ・サレ・アペリティーフ」。今回は、シャンパーニュとも相性ぴったりな老舗洋菓子店の職人が手塩に掛けて作る一粒サイズの塩味パイをご紹介します。

絶妙な「和フランス」テイストが、あと引く美味しさ

知る人ぞ知る!代官山『シェ・リュイ』特製、シャンパーニュと愉しむ塩味の一粒パイ

フランスではちょっとしたパーティーに古くから小さな塩味のパイを用います。それをひと工夫して、さらにつまみやすい小粒サイズにしたのが、この「プティ・サレ・アペリティーフ」。この商品が誕生した当初は洋風のトッピングのみだったらしいのですが、現在はゴマ、エビ、ガーリック、コンブ、チーズ、オリーブと和のテイストを取り入れたオリジナリティ溢れる6種類の詰め合わせとなっています。

 

砂糖を一切使っていない個性豊かな一粒パイは、それぞれのトッピングの素材の風味を生かした絶妙な塩加減であと引く美味しさ。一粒ずつがしっかりと美味しいことに加え、その6種類のコンビネーションがまた素晴らしいのです。直径は約1センチ四方、薄さわずか数ミリという小さな、小さなパイにもかかわらず、その魅力はリピーターを惹きつけて止みません。その小ささゆえに、つい「あともうひとつ!」と次から次へと手が伸びてしまいます。

知る人ぞ知る!代官山『シェ・リュイ』特製、シャンパーニュと愉しむ塩味の一粒パイ

原材料の小麦粉やバターなどはフランス製のものを使用し、日本に輸入した生地を伸ばしてトッピングを乗せ、一粒サイズにカットして焼き上げる。その全ての工程は熟練した職人による手作業で行われます。大量生産にはない形の不揃いさがひとつひとつのパイの味を際立たせているのもハンドメイドならではの特長。生地に練り込んだ発酵バターが、焼き上げた後にもしっかりとその存在感を残し、ひとくち口に入れるたびに上質なバターの風味が余韻まで心地よく広がります。

 

甘くない塩味のパイはお酒のおつまみにもピッタリ!特にシャンパーニュやスパークリングワインととても相性が良く、口の中に広がるバターの余韻やトッピングの風味を泡が心地よく流してくれます。お食事の前にちょっと一息入れて、一粒サイズの塩味パイをつまみながらアペリティフを愉しむ、そんな時間を持てると素敵ですよね。

知る人ぞ知る!代官山『シェ・リュイ』特製、シャンパーニュと愉しむ塩味の一粒パイ
知る人ぞ知る!代官山『シェ・リュイ』特製、シャンパーニュと愉しむ塩味の一粒パイ

サイズは、大缶(130g)と小缶(80g)の2種類。かわいらしい丸い缶に一粒サイズの塩味パイがぎっしりと詰められています。ブルーに白い花があしらわれた包装紙もとても素敵。ぜひ、皆さまの手土産の引き出しに加えていただきたい逸品です。

知る人ぞ知る!代官山『シェ・リュイ』特製、シャンパーニュと愉しむ塩味の一粒パイ

こちらは、小缶の一粒パイと甘いクッキーとセットにした「プティ・フール・セック&サレ」。甘いものがお好きな方にはこちらもおすすめです。ぜひ用途に合わせて、ご活用くださいね。

※掲載情報は 2019/01/20 時点のものとなります。

  • 12
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
知る人ぞ知る!代官山『シェ・リュイ』特製、シャンパーニュと愉しむ塩味の一粒パイ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

依田早苗

コーポレートコミュニケーションズ

依田早苗

社長秘書を経て、2019年より同企業にて広報を担当。約10年に渡る海外生活で養った国際感覚と社交性、持ち前の好奇心とバイタリティーが強みです。
趣味は、ワイン、ゴルフ、アルトサックス、旅行etc.。ホームパーティを開いたり、イベントを企画したり、とにかく楽しいこと、人が大好きです。
プライベートでも幅広い層の方とのお付き合いがあるため、モノを贈ったり贈られたりすることもしばしば。
そんな私の手土産・おもたせ選びのこだわりは、気を遣いすぎず、それでいてキラリとセンスが光るもの。秘書時代と現在では、贈る相手やシチュエーションも異なりますが、いつも贈る相手が笑顔になってくれるようなモノ選びを心掛けています。特に皆んなを笑顔にする魔法を持つ美味しいものには、常にアンテナを張っていたいですね。

次へ

前へ