寒い冬にお家で手軽に楽しみたい!とっておきの「おしるこ」2選

寒い冬にお家で手軽に楽しみたい!とっておきの「おしるこ」2選

記事詳細


紹介している商品


寒い冬に味わいたい甘味の代表格といえば、おしるこ。
我が家でも毎年必ず1月11日に鏡開きを行い、おしるこをつくり味わいます。
そんなおしるこを手軽にご自宅で楽しむことができる逸品をご紹介します。

栗の名産地ならでは!小布施堂の「栗あんしるこ」

寒い冬にお家で手軽に楽しみたい!とっておきの「おしるこ」2選

葛飾北斎ゆかりの地としても名高い長野県・小布施町は室町時代から栗の生産が盛んで、栗の名産地として知られています。
小布施町で毎年1月に開催されている江戸時代から続く伝統行事「小布施安市」でふるまわれていた「栗あんしるこ」が評判をよび、ご自宅でもその味を楽しめるようにと商品化されたのが、栗菓子の老舗「小布施堂」の一品。
袋の中には、栗あんしるこのレトルトパックとお餅がはいっており、湯煎または電子レンジであたためた栗あんしるこを器に盛り、焼いたお餅をいれると完成!

 

香ばしいお餅をとろりとしたあんにからめつつ口にふくむと、濃厚な栗の風味が口いっぱいに広がります。
栗あんは栗と砂糖だけでつくられており、ころりと1粒大きな栗の甘露煮がはいっています。ほっこりとした栗の美味しさが凝縮された、栗の名産地ならではのおしるこです。

寒い冬にお家で手軽に楽しみたい!とっておきの「おしるこ」2選

おみくじの楽しみも!亀屋良長の懐中しるこ「宝入船」

寒い冬にお家で手軽に楽しみたい!とっておきの「おしるこ」2選

おしるこの起源は江戸時代に誕生した「すすり団子」。もち米とうるち米を混ぜ合わせて作ったお餅を、小豆を粉にした汁で煮て塩味をつけたものに白砂糖を加えた団子汁であったといわれています。
その後、江戸時代にふところ(懐中)に入れて持ち歩きどこでも手軽に即席の美味しいおしるこが楽しめたらと考案されたのが「懐中しるこ」です。
数ある懐中しるこの中でも遊び心がありおすすめしたいのが、創業享和三年の京菓子司 亀屋良長の「おみくじしるこ 宝入船」。
半月状に折りたたまれたもち米を原料とする白い皮をぱりっと割って器にいれ、熱湯を注いでかき混ぜると中から粉上のあんとともに、おみくじの琥珀羹がでてきます。

 

あんは上品な味わい。色鮮やかな琥珀羹のおみくじは、松(健康運)・竹(仕事運)・梅(大吉)・桜(恋愛運)・亀(達成運)の5種類。
家族や友人と一緒に、何がでてくるか楽しみながら味わいたい。
海外在住の友人へのお土産や外国人のお客様へのプチギフトとしても喜ばれる一品です。

寒い冬にお家で手軽に楽しみたい!とっておきの「おしるこ」2選

※掲載情報は 2018/12/22 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
寒い冬にお家で手軽に楽しみたい!とっておきの「おしるこ」2選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

神森真理子

日本文化の伝道師/JTCL代表取締役

神森真理子

"ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社(JTCL)代表取締役。
慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹株式会社に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化・食・アートの魅力を発信するイベント企画・プロデュース・執筆・講演などを多数手掛ける。
日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。
日本文化関連の企画・コンサルティング、和の婚礼、日本文化を学べるwebスクール「nippon labo」などの事業を展開。日本酒「笑酒来福(しょうしゅらいふく)」、和のアクセサリー「豆銀(まめぎん)」など、和の商品企画・開発も手がける。
+ART CLUB/「食とアートの会」主宰。利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級として、食・酒関連の発信も多数。
【連載】「大和撫子のための和文化のいろは」、 「和な美 -wanna be-」 "

次へ

前へ