【待ってた!】これからはコーヒーもティーバッグで淹れるが定番に?!

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

【待ってた!】これからはコーヒーもティーバッグで淹れるが定番に?!

紹介しているブランド


コーヒーも、紅茶のように手軽に美味しくティーバッグで淹れる

【待ってた!】これからはコーヒーもティーバッグで淹れるが定番に?!

「DIP STYLE」は、「ネスカフェ 香味焙煎」全面リニューアルの目玉としてこの秋ネスレから登場したばかりの、いわゆる“コーヒーのティーバッグ”。コーヒーが入ったバッグをお湯に浸して90秒待つだけでOKというなんとも手軽なコーヒーアイテム。発売20周年を迎える「ネスカフェ 香味焙煎」は、日本人の繊細な味覚に合わせてネスレのコーヒー職人が作り上げたこだわりのシリーズですが、今回のリニューアルでは「Japanese Craft Coffee」をコンセプトに、世界中から厳選した希少豆を使った3つの味わいを表現しているのだとか。

美味しさのカギを握る「抽出の問題」をクリアした「DIP STYLE」

【待ってた!】これからはコーヒーもティーバッグで淹れるが定番に?!

今回新たに採用された「DIP STYLE」は、「コーヒーとは、どんなに良い豆や器具を使っていても、最後の抽出が上手にできないと、味にバラツキが出てしまうもの」という課題をクリアするためのもの。

 

そこで今回「DIP STYLE」では、レギュラーソリュブルコーヒーに焙煎した豆を組み合わせることで抽出の問題をクリアし、誰でも簡単に希少豆の味わいや香りを楽しむことができるようになったそう。

【待ってた!】これからはコーヒーもティーバッグで淹れるが定番に?!

また開発には、“世界一の抽出士”と呼ばれる粕谷哲さんが参加・協力。豆の選定に始まり、繊細な豆の特長を引き出す方法やバッグを浸けておく時間など、何度も検討・実験を重ねた結果、最後にたどり着いたのが、“バッグを振らずに90秒浸けておくのがベスト”という結論なのだとか。

 

「けれども濃い目が好きな方はもう少し長く浸けておいてもいいですし、バッグを振ってもかまいません。誰でも簡単に淹れられるのに、最後に自由な部分が残されているのが、DIP STYLEの面白いところだと思いますよ」と語る粕谷さん。

【待ってた!】これからはコーヒーもティーバッグで淹れるが定番に?!

美味しいコーヒーを淹れるためのハードルが大幅に下がるだけでなく、自分好みに淹れる余地も残されている「DIP STYLE」は、まさに新しいコーヒーのスタイルを確立した商品といえそう。濃厚な「クンディナマルカ」(コロンビア)、まろやかな口当たりの「ジャガーハニー ブレンド」(コスタリカ)、クランベリーのような酸味が楽しめる「鮮やか ルウェンゾリ ブレンド」(ウガンダ)の3種展開。気分やシーンにあわせてお好みのものを選べるのも嬉しいポイントです。

 

自宅に居ながらにして美味しいコーヒーが飲みたいとき、結局使わなくなってしまったエスプレッソマシンを横目に、見よう見まねのハンドドリップで淹れたり、時間のないときは結局インスタントコーヒーを引っ張り出してみたり……。なかなか満足のいくコーヒータイムは実現できずにいましたが、「DIP STYLE」の登場によってコーヒーライフがいっそう豊かなものになりそうな予感。

 

ネスレ社だからこそ実現できる高品質&低コストアイテム。自宅はもちろん、オフィスや旅先にも、どこでも常備しておきたい逸品です。

※掲載情報は 2018/11/14 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【待ってた!】これからはコーヒーもティーバッグで淹れるが定番に?!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

藤森もも子

PRコンサルタント

藤森もも子

「美・食・住」を軸に、心地よい暮らしに少しのスパイスとエッジの効いたエッセンス。フランスと日本という対極にある2か国に挟まれて、女性としての美しさ、幸せとは何かを模索中。美味しいもの、美しいもの、楽しいことが好き。パン屋の娘。ランニング、カメラ、車がライフワーク。

次へ

前へ