鍋の美味しい季節に一度は食べたい、JAあきた北央の「きりたんぽ鍋セット」

鍋の美味しい季節に一度は食べたい、JAあきた北央の「きりたんぽ鍋セット」

記事詳細


紹介している商品


弾力ある比内地鶏とこんがり焼けたきりたんぽが出逢ってこそ、本場の味が生まれます!

皆さま、こんにちは。
料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。

 

11月に入って朝晩寒いと思う日も増え、鍋の美味しい季節になりました。
そこで今回は秋田の郷土料理、比内地鶏の入った「きりたんぽ鍋セット」をご紹介したいと思います。

鍋の美味しい季節に一度は食べたい、JAあきた北央の「きりたんぽ鍋セット」

10月の下旬に、秋田の比内地鶏生産地を訪ねる機会がありました。
実は私の母が秋田出身なので、比内地鶏を使ったきりたんぽ鍋は、母の実家に行くと必ず食べていました。しかし比内地鶏に関する知識は全く持ち合わせていなかったことが、今回の訪問でよくわかりました。

鍋の美味しい季節に一度は食べたい、JAあきた北央の「きりたんぽ鍋セット」

比内地鶏のお父さんは天然記念物の比内鶏、そしてお母さんは卵をよく産むロードアイランドレッドです。

鍋の美味しい季節に一度は食べたい、JAあきた北央の「きりたんぽ鍋セット」

そんなお父さんとお母さんから生まれた比内地鶏は、沢山運動の出来る広々とした環境で飼育されています。

鍋の美味しい季節に一度は食べたい、JAあきた北央の「きりたんぽ鍋セット」

ちなみに普通の鶏(ブロイラー)は、50日以上くらいで出荷されますが、比内地鶏は150日以上の長い期間、大切に育てられています。

 

比内地鶏の肉質は、キジやヤマドリの肉質と似ている比内鶏=お父さんの血を引き継ぎ、適度な硬さがあって噛みしめるほどに旨みが出てきます。自然の中でのびのび飼育されているので、旨みを十二分に蓄え、余分な脂肪が付かずにヘルシーな肉質に仕上がっているのだとか。科学的にも、旨み成分のひとつとして知られているイノシン酸、食味を良くすると言われているアラキドン酸が、普通の鶏(ブロイラー)より多く含まれている分析結果が出ているそうです。

 

美味しい地鶏として薩摩地鶏、名古屋コーチンと並び、比内地鶏は日本三大地鶏として定評がありますが、2000年にはドイツで開催された料理オリンピックの公式食材として採用され、今ではワールドワイドな美味しさを誇っています。

鍋の美味しい季節に一度は食べたい、JAあきた北央の「きりたんぽ鍋セット」

また、きりたんぽに使うお米は、あきたこまちだそうです。炊いて半分潰し(秋田では半殺しにすると言うのですが……)、それを太めの串に巻き付けて炭火で焼きます。あきたこまちは粘り気のあるモチモチした食感で、串にも巻きやすいことから、きりたんぽに適しているとのこと。

 

秋田訪問時に、きりたんぽの作り方を教えてもらって作り、そして正しいきりたんぽ鍋の作り方も教わりました。とても美味しかったです。

 

帰ってから母にも食べさせたいと思って、訪問時にお世話になったJAあきた北央 加工部のきりたんぽ鍋セットをお取り寄せ!野菜や蒟蒻が入っているセットが主ですが、私はきりたんぽ、比内地鶏のスープ、比内地鶏肉のみが入ったシンプルなセットにしました。早速、母と姉を呼んで、3人で美味しく食べました。

 

是非、皆さまのご家庭でも、ご家族で鍋を囲んで食べて頂きたいです。ご贈答品にも向いているので、お歳暮にも良さそうですよ!

 

※掲載情報は 2018/11/14 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
鍋の美味しい季節に一度は食べたい、JAあきた北央の「きりたんぽ鍋セット」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ