2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

記事詳細


1607年2月20日に女性芸能者・出雲の阿国が、江戸城で徳川家康や諸国の大名の前で初めて歌舞伎踊りを披露したことから、2月20日は歌舞伎の日に制定されました。近年では外国人観光客にも人気の歌舞伎。今回は歌舞伎座がある中央区銀座四丁目周辺で買える手土産をご紹介します。歌舞伎を観たあとにゆったり散策がてら、立ち寄って買いたくなるものばかりですよ。

1:歌舞伎座内でみつけた伝統の技と旨味の詰まった絶品「黒昆布巻き鮨鯖」

2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産
2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

凛とした空気がただよう歌舞伎座内にあるお土産フロア。いつも賑わうその場所で長年名物として愛されているのが、こちらの「黒昆布巻き鮨鯖」。作るのは江戸時代より約300年、伝統の鯖鮨作りで定評のある『米吾』です。口に入れた瞬間からそのクオリティの高さに驚き、笹に包まれているので香りも抜群だそうです。笹塩とゆず塩が付いているのでお好みにあわせてどうぞ。

2:これぞ青春の味?なつかしさとおいしさがこみ上げる東銀座名物の「コロッケパン」

2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産
2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

歌舞伎座近くで働く人からも人気のテイクアウトといえば『チョウシ屋』の「コロッケパン」。パンに挟んであるのはなんと潔くコロッケのみ。いたってシンプルなのにカラシの利き具合が絶妙で、なんともいえない懐かしいおいしさ。買ってすぐに食べるもよし、少し時間が経ってパンとコロッケが少しくったりしてから食べるのもおすすめ。近くまできたら買わずには帰れない一品です。

3:開けるのが楽しみになる!小さくて可愛らしい干菓子を詰めた銘菓「冨貴寄」

2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産
2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

歌舞伎座のそばで明治23年に創業した名店『菊廼舎』。代表銘菓「冨貴寄」は茶事には欠かせないお菓子としても親しまれ、缶を開けるとキラキラ輝く干菓子が30種類近く詰まっています。写真の“ハート日和”はピンクのハートと鯛、パステルカラーの金平糖が愛らしく、季節によって色々なシリーズが販売されるそう。気になった方はぜひお店へ。

4:ビールのおともに!銀座の名店『ナイルレストラン』で見つけた風変わりなインドおせんべい

2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産
2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

ちょっと変わった手土産をお探しなら、日本一古いインド料理店として知られる銀座『ナイルレストラン』のおせんべい「パパド」はいかがでしょう。お店ではお酒のおつまみとして提供され、ビールにあわせれば、間違いない塩加減とパリパリ食感がやみつきに。原料にはウーラッドという豆を使っており、とってもヘルシー。自宅で食べるときは高温の油でさっと揚げるだけでできる簡単さもいいですよね。

5:独特の食感の皮と上品な餡がたまらないひと口サイズの東京名物「塩瀬饅頭」

2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産
2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

中央区明石町に本店を構える『塩瀬総本家』。こちらで買うべき逸品はなんといっても名物「塩瀬饅頭」。ひと口サイズのおまんじゅうの皮に使われる大和芋は、毎日擂り下ろしてとろろ芋にし、そこに上新粉と砂糖を加えているため独特の食感と風味があるのだそう。餡に使われる小豆は、北海道・十勝平野にある音更(おとふけ)町産のものだけを使うというこだわりよう。歌舞伎座からは歩いて15分くらいの位置ですが、お天気の日に散策がてら訪れるのもよさそうですね。

6:栗の風味たっぷりな新感覚和スイーツ!『銀座文明堂カフェ』限定の壷型プリン

2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

歌舞伎座のすぐ隣にある『銀座文明堂カフェ』には、ちょっとめずらしい和のプリン「日之影栗のプリン」があります。パッケージは小ぶりながら重量感のあるフタ付の壺型で、高級感もあるので差し入れにも最適。真っ白できめ細やかなクリームの下に隠れた栗の層はしっとりとしていて、まるで栗そのもののお菓子を食べているかのような新食感とのこと。世代を選ばないスイーツとして手土産に重宝しますね。

7:内緒にしておきたい!肉の名店銀座『吉澤』で週1回だけ販売される「餃子のタネセット」

2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産
2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

銀座『吉澤』は、銀座3丁目にあるブティックのような肉屋さん。メインで扱っているのは松坂牛をはじめとした高級銘柄牛ですが、なんと週に1回だけ販売される隠れた名品があるんです。それが「餃子のタネのセット」。名店のお眼鏡にかなった豚肉やニラ、野菜を具材に調理し、餃子の皮とセットで販売されているので、お家では包んで焼くだけ。上質な脂ととろけるような肉汁にはミルキーな甘味があり、こんなにおいしい餃子は食べたことがない!なんて思わせてくれる味だそうです。

8:本物志向な人への贈りものに選びたい『銀座 うち山』のスイーツ「しっとり焼き」

2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産
2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産

和の趣ただよう大人の茶懐石を堪能できると評判の『銀座 うち山』から登場した、銀座三越限定のスイーツ「しっとり焼き」。一見普通のフィナンシェのようにも見えますが、しっかりと和テイストに仕上げられていて、みそやからすみ、実山椒といっためずらしい種類も魅力。優艶なパッケージは目上の方へのおもたせにもぴったりですね。

※掲載情報は 2017/02/19 時点のものとなります。

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
2月20日は歌舞伎の日!歌舞伎を観たあとに立ち寄って買いたいグルメな手土産
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ