漢方茶の旨味でカラダがスッキリと

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

漢方茶の旨味でカラダがスッキリと

紹介している商品


毎朝ではなくても、例えば休日の朝にいただければ楽しい週末が過ごせそう

漢方茶の旨味でカラダがスッキリと
漢方茶の旨味でカラダがスッキリと

夏本番を前にして、夏バテでもないのについつい食べ過ぎてしまう日々にダメな自分を感じるこの頃。食事の後にはコーヒーではなく、お茶系で脂を流そうなんて心がけているものの、それはほとんど気休めかもしれないという自問自答。

 

そんな話をお茶好きの友人にしたところ連れて行ってくれたのが『白金癒淹(しろかねゆえん)』だ。

 

ここは漢方茶のお店で、ざっくりというと5種類のお茶が販売されている。「雪姫のぬくもり」「月兎のご褒美」というネーミングのティーバッグのお茶はどれも優しい味わいで身体にすーっと染み込んでいく。

 

実はその日のランチはやや重めのお肉料理をいただいたところ、「乙姫の宝箱」という、西洋人参、玄米、黒豆、ハトムギなどの生薬が配合されたお茶を勧められた。苦味や癖は少なくスッキリとした気持ちが落ち着く漢方茶の世界があった。不思議と飲み飽きることがない。

 

一瞬、これも気休めかと思ったが、いくつかのお茶を試飲させていただいたところそれは確信に変わった。それは毎朝ではなくても、例えば休日の朝にいただければ楽しい週末が過ごせそうだな、とか、例えば普段は憂鬱に感じる週初めの月曜日にいただけば今週もちょっと頑張ろう、とかそんな気分になるのではと思う。

 

この漢方茶の特徴を聞くと「こだわりの生薬を厳選している」とのこと。5種類のお茶を体調や気分によって選ぶことができる。料理もお茶も素材が大切だ、ということを感じるお茶の時間だった。今朝は高麗人参や黒豆が配合された「草原の人魚」を煎じていただいている。なんだか元気になりそうな気分だ。

紹介しているお店
白金癒淹

※掲載情報は 2018/07/20 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
漢方茶の旨味でカラダがスッキリと
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ