無添加ローハニー新ブランド!南アルプスのフルーツやハーブのはちみつ

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

無添加ローハニー新ブランド!南アルプスのフルーツやハーブのはちみつ

紹介している商品


女性養蜂家の注目の新ブランド

今回グラノーラ研究家梶原はるきがおすすめするのは、国産無添加ローハニーの新ブランド「730HONEY」(ナミオハニー)のはちみつ!
女性若手養蜂家の梅澤なおみさんが手がける、新ブランドです。
グラノーラとはちみつはとても相性が良いので、以前から面白いはちみつはないだろうか……と思っていたところ、梅澤さんと出会い、はちみつの奥深さにすっかり魅了されてしまいました。
先日、南アルプスへ梅澤さんの養蜂仕事を見学しに行き、とれたての今年のはちみつをゲットしてきたのでご紹介します!

 

養蜂は環境をつくるところから

無添加ローハニー新ブランド!南アルプスのフルーツやハーブのはちみつ

「はちみつ作りってミツバチが集めてきた蜜をただ採るだけではないんです」と梅澤さん。
はちみつ作りは、巣箱から3kmの範囲にミツバチが好きなお花を植えたり、蜜をとる果樹に農薬をまかないように交渉したりと、ミツバチが暮らしやすい環境をつくるところから始まります。
農薬をまいている場所では、ミツバチたちは弱ってしまったり、死んでしまったりして、花の蜜を採ることができません。かろうじて活動できたとしてもはちみつに農薬が混入する恐れも。
梅澤さんはミツバチが活きいきと活動し、健康なはちみつが採れるよう、こだわりをもって農薬が入らない環境を作っています。
蜜源のお花が咲き誇る今の時期は、大忙し。

無添加ローハニー新ブランド!南アルプスのフルーツやハーブのはちみつ

果樹を作る農家さんと提携して、ミツバチ達が授粉を担当し、果樹の蜜を採る、自然でサスティナブルな取り組みもしています。
この時期は、私も大好きなサクランボ!
南アルプスでは、サクランボ狩りで観光客が訪れ大賑わいですが、美味しいサクランボが実るのに梅澤さんのミツバチ達が活躍しているのです。
そしてその花から採ってきた蜜がこちら。「チェリーブロッサム」。

無添加ローハニー新ブランド!南アルプスのフルーツやハーブのはちみつ

清々しい甘味のさくらんぼはちみつ

サクランボの花のはちみつ「チェリーブロッサム」は、サクランボの果実をイメージできる爽やかな余韻があります。
甘くて華やかなジューシーさ。あとから酸味やすっきりさを感じます。
パッケージもおしゃれだし、はちみつの色がきれいなので、テーブルの上に並べておいても素敵。
健康と美容にも良く、ギフトとしても喜ばれます。

 

ローハニーなので、煮詰めたり、糖を添加していないのですが、とても濃厚。
梅澤さんのこだわりで、ミツバチたちは蜜を保存できる状態にするために羽で風を送り水分を飛ばしてから蜜蓋をするのですが、しっかり全部蓋をしたのを確認してから採蜜するから濃度が濃いのだそうです。
梅澤さんのはちみつを体験すると、奥深くて、味わい深く、はちみつ=こんな味というイメージが覆されるはず。

無添加ローハニー新ブランド!南アルプスのフルーツやハーブのはちみつ

養蜂家の腕があらわれるはちみつ

梅澤さんのはちみつが面白いと思うのは、蜜源の花々の特徴を活かしながらも、こんなはちみつを作りたい!という職人魂があるところ。
自然の花々だけでなく、自分で花を植え、管理をして作りたいはちみつを作っているのです。
はちみつ作りはミツバチ達の仕事だけでなく養蜂家の腕や作りたい味の方向性、センスが試されます。
味だけでなく、収量も養蜂家の管理の仕方によって変化するそう。

無添加ローハニー新ブランド!南アルプスのフルーツやハーブのはちみつ

730HONEYのハーブはちみつ

無添加ローハニー新ブランド!南アルプスのフルーツやハーブのはちみつ

梅澤さんのつくる女性養蜂家らしいハーブのはちみつは特に面白くて、ラベンダー、エキナセアやミツバチが好きなハーブの花からできたもの。
私のお気に入りはメントールのような清涼感のある百花蜜のはちみつ「REFRESH&ROSE」
ミントガムにも使われる、ケンポナシからもミツバチが蜜を集めているから、その爽やかさが実現するとのこと。フルーツマリネやサラダのドレッシングなどにあわせてもよさそう!!


自然の恵みとミツバチに寄り添う梅澤さんのはちみつ、ぜひグラノーラと一緒に召し上がってみてくださいね!

紹介しているお店
730HONEY

※掲載情報は 2018/06/24 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
無添加ローハニー新ブランド!南アルプスのフルーツやハーブのはちみつ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

梶原はるき

グラノーラ研究家

梶原はるき

法政大学人間環境学部卒業。
新卒でメガバンクの法人課で働く。趣味で取得したパン教室講師資格を活かして障がいを持つ子どもたちのパン教室を開催。専門学校に通いパン製造を学ぶ。
銀行退職後、専門学校の友人がオープンした横浜のカフェの立ち上げに関わり、接客や調理、パン製造を担当。
平成27年4月17日~
地元両国の祖父の診療所だった場所に
FUTABA BAKERYをオープン。
グラノーラによってバランスの良い食事に改善、体重減少した経験と代々町医者の娘ということもあり「食で健康を届けたい」とグラノーラ製造と研究をスタート。
プロの料理人も認める美味しさの高品質グラノーラを通じて、障がい者のパワーを活かした仕事創出すべく、祖父の診療所跡地のラボにて朝ごはんだけではない無限の可能性を秘めたグラノーラの商品開発・メニュー開発を行っている。

次へ

前へ