お中元や暑中お見舞いに!どなたに差し上げても喜ばれる格の高い贈り物、奉納鮑

お中元や暑中お見舞いに!どなたに差し上げても喜ばれる格の高い贈り物、奉納鮑

記事詳細


紹介している商品


もっちりしっとり柔らかく、芳醇な旨味の鮑の旨煮は美味しい上に滋養強壮に効き、夏の贈り物にぴったり

今年も夏は暑くなりそう。食も細くなりがちで、キッチンに立つのも短時間に済ませたい。誰もがそう思う季節です。でもそのような時こそ、滋養に良く、美味しい物を召し上がって頂きたいのです。

お中元や暑中お見舞いに!どなたに差し上げても喜ばれる格の高い贈り物、奉納鮑

そのような時、私が夏の贈り物に使うのが「奉納鮑」。大ぶりな丸ごとの鮑を、素材が活きる醤油ベースの薄味でしっとり煮上げている「奉納鮑」は、袋を開けて、切るだけで、極上の一皿になる優れものなのです。


身本体は薄めにスライスしてお酒の肴にも、季節の野菜などと合わせて和え物なども良し。肝もそのままで通好みのツマミにもなりますし、潰して和え衣にするとまるで料亭の一品のように早変わりです。

お中元や暑中お見舞いに!どなたに差し上げても喜ばれる格の高い贈り物、奉納鮑

身と肝でも存分に満喫できる「奉納鮑」のさらに嬉しいポイントは、たっぷり入っている煮汁です。鮑の旨味がしみ出た煮汁は品の良い薄味なので、お雑炊などに使うと磯の香りいっぱいの芳醇な一品を楽しめます。
一袋で何度も楽しめる「芳醇鮑」。自分用にキープするのはもちろんですが、木箱や風呂敷のラッピングがとても雰囲気良く、どなたに差し上げても喜んで頂けること間違いなしです。常温での賞味期限が長いのも嬉しいところですね。美味しく、栄養が有り、使い勝手の良い逸品です。

 

紹介しているお店

株式会社ナカノモードエンタープライズ

※掲載情報は 2018/06/16 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
お中元や暑中お見舞いに!どなたに差し上げても喜ばれる格の高い贈り物、奉納鮑
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

中村奈津子

田中伶子クッキングスクール校長

中村奈津子

日本女子大学食物学科卒業後、全日本司厨士協会に就職。ニューヨークのニュースクール、フィレンツェのラ・フォールアカデミー、香港鴻星料理学院で学ぶ。2006年ニューヨーク駐在時より料理教室「LOVELY TABLE NEW YORK」を主宰。2009年帰国後、実家田中伶子クッキングスクールに勤務。2012年「LOVELY TABLE GINZA」開校。現在もニューヨークを行き来する活動をしている。
PHP研究所発行月刊誌「JAPAN CLOSE-UP」に料理記事連載。光文社「VERY」「女性自身」などに寄稿。BSフジ阿川佐和子氏の「阿川ごはん」レギュラー出演。日本テレビ「ZIP!」定期出演中。
主婦と生活社発行「一生作り続けたいおかず~50年の名門料理教室のベストレシピ150」が2014年本屋レシピ本大賞4位入賞。2014年9月講談社発行「本当に作りたい料理、ぜんぶ。」好評発売中。

次へ

前へ