松茸専門店の手軽な「松茸お吸物」

松茸専門店の手軽な「松茸お吸物」

記事詳細


紹介している商品


120mlのお湯を注ぐだけで、食卓にアクセントを

松茸専門店として創業した赤坂松葉屋。現在は飛騨牛料理指定店として認定され、松茸と飛騨牛のすきやき、しゃぶしゃぶなどを提供しています。赤坂本店のランチでは、手軽な価格で松茸ご飯がなんと「食べ放題」! しかも1年中食べられることでも人気です。そんな赤坂松葉屋には、松茸の土瓶蒸しやお吸い物の手土産があります。4個入りの「松茸お吸物」は、小さなゼリーのようなパック入りで、120mlのお湯を注ぐだけですぐに完成。おみやげに“味噌汁”では、なんとなくテンションが上がりにくいですが、“松茸のお吸い物”となると、少し話が変わってきそうです。湯葉、椎茸、海老入りのこちら、賞味期限は8カ月ほどあります。食卓に軽くアクセントをつける際や、ちょっとした来客時などにも重宝しそうですね。松茸専門店の逸品を、手土産にいかがでしょう。

松茸専門店の手軽な「松茸お吸物」

※掲載情報は 2015/01/15 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
松茸専門店の手軽な「松茸お吸物」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

菅野夕霧

コピーライター、グルメガイド

菅野夕霧

コピーライター、PRコンサルタント、Yahoo!ニュース配信元の『市ケ谷経済新聞』編集長。グルメや酒、沖縄離島旅が趣味。特にランチは“狙い”を定め、日々電車に乗って都内を中心に食べ歩いている。甘いモノを苦手としている関係で、“甘くない”土産の逸品を追求中。現在、All Aboutグルメガイドとして老舗店を紹介する「100年店ランチ」、日本トランスオーシャン航空の機内誌『Coralway』にて、「小さな島の小さな食堂」を連載中。著書に『ヤフートピックスを狙え』(新潮社)など。

次へ

前へ