祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ

祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ

記事詳細


埼玉と東京を結ぶJR東日本の『埼京線』は、毎日70万人以上が利用する日本有数の一大路線。渋谷や新宿、大宮など、東京や埼玉の主要駅を走るので、一度は利用したことのある人も多いのでは? その埼京線が今年の9月30日に開業30周年を迎えるのはご存知でしょうか。ここではそんな埼京線沿線で買える逸品を集めました。沿線では30周年を記念したキャンペーンやイベントも開催されています。この機会に埼京線散歩を楽しんでみてはいかがでしょう。

1:【恵比寿駅より徒歩5分】カカオが力強く香る極上ブラウニー

祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ

まずは東京の始発・大崎駅を出発して一つ目の恵比寿駅から日本初のブラウニー専門店からご紹介します。広尾方面へ徒歩5分ほどの静かな町並みに佇む、まるでジュエリーショップのような華やかな店構えの『コートクール』。フランスのヴァローナ社製のクーベルチュールチョコを贅沢に2種類ブレンドした「東京ブラウニー」が出迎えてくれます。専門店ならではの、今まで食べたことのないフレーバーにも出会えるはず。

2:【渋谷駅直結】渋谷の街なかで養蜂される “はちみつ”プリン

祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ

恵比寿駅のお隣・渋谷駅からは、渋谷の街で採れる“はちみつ”を使ったプリンをご紹介します。渋谷ではちみつ?とぎょっとする方もいるかもしませんが、実は今、あちこちの都市や街で自然との共生を目指したミツバチプロジェクトが行われています。こちらも正真正銘、渋谷にあるビルの屋上でミツバチを養蜂し、採集されたはちみつを使用したその名も「渋谷はちみつプリン」。渋谷駅から直結の商業施設『ヒカリエ』内のはちみつ専門店『ラベイユ渋谷』で販売されています。

3:【新宿駅より徒歩2分】一度は食べてみたい発祥店の絶品カレー

祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ
祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ

始発の大崎駅より3駅めの巨大駅・新宿では、名店の逸品を手に入れましょう。カレー好きなら一度は訪れたい老舗洋食店『新宿中村屋』は、新宿駅より徒歩2分。日本におけるインドカレー発祥のお店です。厨房で作られた味わいをそのままパックした「中村屋純印度式カリー」は、連日行列する名店のカレーを並ばずに自宅で楽しめます。賞味期限は当日のみ。カレー好きな人への差し入れや手土産にいかがでしょう。

4:【池袋駅より徒歩2分】福を運んできてくれる「ふくろうケーキ」

祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ

新宿駅のお次は池袋駅。池袋駅の有名待ち合わせスポットと言えば「いけふくろう」ですが、実はダジャレだけではなく、かつてふくろうが生息していた地域だったということはあまり知られていないかもしれませんね。池袋ではふくろうをモチーフにした様々な品々に出会いますが、その中からイチオシがこちら。駅から徒歩3分の『ホテルメトロポリタン』の「ふくろうケーキ」です。子どもだけでなく、“福が来る”の縁起物として大人にも大人気なんですよ。

5:【赤羽駅より徒歩3分】路地裏にひっそり佇む名物シューマイ

祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ

池袋駅から3駅進む赤羽駅では、知る人ぞ知る名物「シューマイ」はいかがでしょう。浅草とここ赤羽にのみ出店する『セキネ』は食堂から始まり、現在はシューマイと肉まんの専門店に。みっしりと詰まった肉密度の高いシューマイだから実現する、硬すぎず柔すぎず、程よい食感に、一度食べると虜になってしまう人続出の味わいです。メイン通りから一本裏の分かりにくい路地にあるというのも、心をくすぐられませんか。

6:【中浦和駅より徒歩20分】技巧をこらした本格フランス菓子

祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ

赤羽駅を出発して7駅目の中浦和駅からは、是非チェックしておきたいフランスの伝統菓子のお店をご紹介します。新宿の「京王プラザホテル」や銀座の名店のほか、本場フランスで修行を積んだ興野オーナーシェフによるフランス菓子が並ぶ『アカシエ・サロン・ド・テ』。記事でご紹介するガレット・デ・ロワだけでなく、ビジュアルの美しさと技術の高さを兼ね備えた本格フランス菓子が楽しめます。

7:【大宮駅より徒歩10分】職人のこだわりが詰まった珠玉のプリン

祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ

埼京線の終着駅大宮駅からは、今のうちに味わっておきたい、近い将来大宮名物になるべく珠玉の濃厚プリンをご紹介します。駅から徒歩10分の氷川参道近くにあるプリン工房『檸檬堂』の「カスタードプリン」です。天然バニラビーンズや奄美諸島のサトウキビ糖などの素材の厳選にはじまり、低温でじっくりと時間をかける独自のレシピなど、こだわりが詰まったプリンです。国際プリン協会会長のたんのさんも舌を巻いたその味わいとは?

※掲載情報は 2015/09/30 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
祝30周年! 72万人が利用する埼京線沿線の最強グルメ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ