カレーにホワイトソースとチーズ、半熟たまごも!「門司港レトロ 焼きカレー」

カレーにホワイトソースとチーズ、半熟たまごも!「門司港レトロ 焼きカレー」

記事詳細


紹介している商品


カレーにひと手間加えて新感覚の味わいに

今回は、人気メニューの「カレー」を進化させた、新感覚のカレーを紹介いたします。
その名も「焼きカレー」。北九州市の門司港レトロ地区で多くのお店が提供している、門司港レトロ発祥のカレーです。
もともと貿易で栄えた門司港には洋食店が多く、和食に洋食のテイストを加えたハイカラなメニューが多くあったといわれています。その中でもカレーをグラタンに見立てた料理こそ「焼きカレー」の元祖とされています。

カレーにホワイトソースとチーズ、半熟たまごも!「門司港レトロ 焼きカレー」

門司港レトロエリアでは20店舗以上の飲食店が焼きカレーを提供しており、地元の人たちだけではなく、多くの観光客の人気を集めるようになりました。

 

多くの焼きカレー店が連なる中において、お土産としても人気のある『プレミアホテル門司港』の「門司港レトロ 焼きカレー」をご紹介いたします。

カレーにホワイトソースとチーズ、半熟たまごも!「門司港レトロ 焼きカレー」

パッケージを見て門司港レトロのイメージがしっかりとわかると思いますが、注目すべきは、レトルトカレーでもしっかりと手間をかけている点です。
「門司港レトロ 焼きカレー」は2つのレトルトパウチがセットになっていて、ひとつはカレーで、もうひとつはホワイトソースが入っています。作り方は、耐熱のお皿にご飯を盛り、その上にホワイトソース、カレールーの順でかけます。とろけるチーズとたまごを加え、オーブンで焦げ目がつく程度に焼き上げます。
ホワイトソースを加えることで、まろやかさが加わるだけでなく、カレー風味を際立たせることが出来るのでしょう。

カレーにホワイトソースとチーズ、半熟たまごも!「門司港レトロ 焼きカレー」

料理にひと手間を加えることで新たな味を楽しめるということは、食を楽しむ者にとって何より欠かせないもののひとつなのかもしれません。
お好みの具材を加え、オリジナルの「焼きカレー」を作ってみてはいかがでしょうか。

※掲載情報は 2018/02/23 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
カレーにホワイトソースとチーズ、半熟たまごも!「門司港レトロ 焼きカレー」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

岩室茂樹

僧侶、ソムリエ、唎酒師、MBA

岩室茂樹

1974年東京生まれ。北九州市立大学大学院卒。
ホテル旅館の経営にも携わり、全国47都道府県を練り歩いた。その後、京都にて2年間の修行を行い僧侶になる。
唎酒師とソムリエの資格を持ち、僧侶として生活を送りつつ、経営学を学び、地域における寺の在り方を模索中。
あらゆる縁に感謝をし、生かされていることへの感謝をどのようにして伝えていくかを考える。

次へ

前へ