京都でお馴染み『緑寿庵清水』さんの金平糖が、全く違うスタイルで銀座に登場!

京都でお馴染み『緑寿庵清水』さんの金平糖が、全く違うスタイルで銀座に登場!

記事詳細


紹介している商品


銀座バージョンの金平糖はパッケージもスタイリッシュなら、中身も全く新しい、オリジナル

ふと通りかかったら、見慣れたお店の名前を発見! 銀座は泰明小学校の前に、2017年12月21日にオープンした、京都の金平糖で有名な『緑寿庵清水』さん。あら、なんだかやけにモダンでスタイリッシュなお店なんだけど……、と思ったら、店内に並んでいる金平糖さんたちもやけにおしゃれ~!

 

よくよく見れば、見たことのないお味が並んでいます。中でも目を引いたのが、おはぎ! おはぎの構成そのままに、うるち米を炒ったものを核にして、あんこ風味の砂糖掛けになった金平糖なのだとか。確かに、袋を開けた途端、ふわーっとあんこの香りが匂い立ちます。カリカリあんこ味の芯には、ちょっと香ばしいお米の風味が確かに感じられて、びっくりです。こんな金平糖も作れるのですねぇ。

京都でお馴染み『緑寿庵清水』さんの金平糖が、全く違うスタイルで銀座に登場!

ほかにも、ピーチパインソーダとか苺ソーダ、紹興酒など、京都のお店にはないラインナップ。

京都でお馴染み『緑寿庵清水』さんの金平糖が、全く違うスタイルで銀座に登場!

銀座にオープンするにあたり、京都とはまったく違う味、内容、違うコンセプトでお店作りをされているのだとか。パッケージも京都のお店とは全く違う、和モダン風。お店も真っ白なら、パッケージも真っ白。水引が素敵なアクセントになっていて、お手土産やお引き出物などにとっても向いていそうです。

京都でお馴染み『緑寿庵清水』さんの金平糖が、全く違うスタイルで銀座に登場!

※掲載情報は 2018/02/27 時点のものとなります。

  • 15
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
京都でお馴染み『緑寿庵清水』さんの金平糖が、全く違うスタイルで銀座に登場!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

久保香菜子

料理家、編集者、コーディネイター

久保香菜子

高校生のころから京料理のお店で懐石料理を学び、同志社大学卒業後、辻調理師専門学校へ。調理師免許、フグ調理免許を取得。卒業後、出版社を経てフリーに。料理家として30冊を超える著書があるほか、レストラン、食品のメニュー開発、テーブルコーディネイト、編集など、料理分野さまざまなフィールドで活躍。サロン形式の料理教室も主宰している。

次へ

前へ