“王妃の涙”は冷蔵必須!濃厚なのに超サラサラなブラックマングローブの蜂蜜

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

“王妃の涙”は冷蔵必須!濃厚なのに超サラサラなブラックマングローブの蜂蜜

紹介している商品


野生の虎が住むバングラデシュの世界遺産、世界最大のマングローブの森で生まれた蜂蜜

“王妃の涙”は冷蔵必須!濃厚なのに超サラサラなブラックマングローブの蜂蜜

世界自然遺産、バングラデシュのシュンドルボン国立公園で採取された蜂蜜です。自然遺産ですし、国立公園ですから、もちろん農薬や人の出入りすら制限された空間。それだけでもとても特別感があるのですが、それだけではありません。沖縄のブラックマングローブの花は赤いのに、こちらバングラデシュでは白いのだとか。品種が違う、とかではないそうで、不思議な現象なのだそう。

 

花も独特なら、この蜂蜜もかなり独特です。なにしろ、冷蔵必須。水辺に生息するマングローブの花からとれる蜜は、水分含有量が多く、常温でおいておくと発酵してしまうそうです。水分が多い、と聞くと薄そうな気がしますが、そこは全く別のお話。熱帯を感じさせる、煮詰めたプルーンのような濃密な香りが鼻に抜けていきます。甘さは水分が多いせいかそれほど強くないのに、香りや風味は濃厚、という独特な蜂蜜です。この濃い風味はブルーチーズなどと合わせるととても美味。これからの季節、かき氷などにも合いそうですよ。

紹介しているお店
輸入元 エクスチャージ

※掲載情報は 2018/04/07 時点のものとなります。

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
“王妃の涙”は冷蔵必須!濃厚なのに超サラサラなブラックマングローブの蜂蜜
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

久保香菜子

料理家、編集者、コーディネイター

久保香菜子

高校生のころから京料理のお店で懐石料理を学び、同志社大学卒業後、辻調理師専門学校へ。調理師免許、フグ調理免許を取得。卒業後、出版社を経てフリーに。料理家として30冊を超える著書があるほか、レストラン、食品のメニュー開発、テーブルコーディネイト、編集など、料理分野さまざまなフィールドで活躍。サロン形式の料理教室も主宰している。

次へ

前へ