ホワイトデーに“人と大地の愛がつまったクッキー「hitoha」”を

ホワイトデーに“人と大地の愛がつまったクッキー「hitoha」”を

記事詳細


紹介している商品


希少で価値ある自然素材と心込められたスペシャルクッキー

ホワイトデーに“人と大地の愛がつまったクッキー「hitoha」”を

物凄い愛情と手間暇かかったスペシャルなクッキー「hitoha」は、本当におすすめしたい希少な素晴らしいお菓子です。なんと素材選びから、素材の下処理、クッキー型、包装、すべて一つ一つ酒屋『魚屋』店主の関さんが心を込めて作っています。自然が大好きで、日本の素晴らしい食材や作り手さんの思いを何とか表現できるものはないかと考えたところ、酒屋でありながら自らで木の葉形のクッキーを焼いて販売し始めたとのことです。

 

私も「hitoha」という名前と葉っぱの形にグッと心魅かれました。葉っぱこそ、大地の恵みをそのまま感じられるものです。新芽、若葉の勢いや美しさ、そして落ち葉はそのまま土に還ることから自然の循環をダイレクトに表していると思っていました。

 

関さんいわく「是非、暖かくなったら、森の中にhitohaをもって出かけ、自然の中で食して、いろんなことを考えて欲しい」とのこと。とっても素敵で贅沢なティータイムがイメージされ、うっとりとしてしまいます。

厳選された素材を五感で感じる

ホワイトデーに“人と大地の愛がつまったクッキー「hitoha」”を

5種類のクッキーがありますが、ベースとなるのは、北海道の小麦粉とフィリピンの無農薬サトウキビより作られた無精製含密糖(黒糖)、有機栽培国産非遺伝子組換え菜種油、天日塩、そして岩手に自生する天然和ぐるみ。どれも素晴らしいのですが、菜種油は南相馬の復興を願って関さんが応援する「油菜ちゃん」。そしてくるみは、殻が厚くて実が小さく、その上、数が少ない日本特有のくるみです。これだけで十分に贅沢なのですが、このベースとなる素材に一味違ったテイストを加え、味だけでなく、香り、食感を楽しめるレシピをつくりあげたとのことです。

 

クッキーといえばバターやショートニングが使われ、どっしりとした濃厚さから美味しさを感じることが多いですが、こちらは菜種油を使っています。バターの風味がないため味が軽くなってしまうような気がしますが、そのようなことはありません。それぞれに使われる素材の個性をしっかりと出すことができるバランスのとれた仕上がりになっています。勿論、香料などの添加物は使っておらず、大地の恵みを心身でダイレクトに感じていただけるはずです。

 

・ひとは(コーヒー入り)
ルワンダ虐殺を乗り越える人たちが力を合わせて作るフェアトレードコーヒー生豆を使用。焙煎抽出液を含み、ほんのりとしたコーヒーの香りが楽しめます。
・黒ごま
国産無農薬栽培で、すり鉢で程よく香りを出した黒胡麻が美味。
・カカオニブ
インドネシア・パプア州産自家焙煎カカオを使用。
・黒大豆きなこ
自然栽培の黒大豆をまるごときな粉にしました。
・味噌
国産無農薬栽培の原料の手作り味噌を使用。

愛情こもったギフトに最適

ホワイトデーに“人と大地の愛がつまったクッキー「hitoha」”を

本当に一つ一つこだわって、心込めてつくられています。素材を厳選し、それを如何に活かしてあげるのかをとても大切にしています。風味を逃さぬよう、カカオニブ、黒胡麻、生豆コーヒーは、関さん自身が直前に焙煎し生地に加えています。クッキー型から包装やラベルも手作り。全てに手を抜くことなく、愛情が込められているのです。

 

最高の素材、最高の製造工程、それでいて大きさもしっかりとあり、かなりリーズナブルなお値段で購入できてしまう事に、申し訳なく思ってしまう、まさに逸品です。
 
この“大切な事”がギュッとつまった「hitoha」を手に取ってもらいたいと思っています。酒屋『魚屋』さんや東京の自然食品店さんで直接購入することができ、また茨城と栃木にあるカフェなどに置いているそうです。

 

是非、ホワイトデー、そしてそれ以外のときにも普段の贈り物として利用していただきたく、大地の恵みと愛情溢れる「hitoha」の“豊かさ”を多くの方に感じていただければと思います。

紹介しているお店
魚屋

※掲載情報は 2018/02/16 時点のものとなります。

  • 19
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ホワイトデーに“人と大地の愛がつまったクッキー「hitoha」”を
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

麻乃じゅん

自然派栄養士・ソムリエ

麻乃じゅん

国内の航空会社に国際線客室乗務員として在職中、ソムリエ資格を取得。退職後、栄養士養成大学で学び、管理栄養士免許をはじめとする食や健康に関する資格を取得。自治体や民間企業、クリニックなどで公衆栄養、栄養教室、個別栄養相談などの業務にあたり、過去3000人以上のカウンセリング経験も持つ。現代栄養学や西洋医学の現場で”真の健康”や“幸せのための食”を追求する。しかし自身を含め、お客様も心身共に健康になり切れない現実より、自身のアドバイスや講義に疑問を持ち始める。そして「食物と自然」「心と体」などの切っても切り離せない関係を重視した東洋医学的な視点より、食や心身の健康について学ぶ。そこで現代人が忘れている「自然に生かされていること、自然と調和することの大切さ」などに気付き、フリーランスとしての活動をスタートする。また、福島県に生まれ育った者として、2011年の原発事故以後、その思いが強くなり、更に活動の範囲を広めている。現在は、講演活動、講座や教室、ワインセミナーなどを通し、現代人の食との向き合い方、自然栽培やオーガニック食品の素晴らしさ、手作りや料理の大切さなどを様々な場で伝えている。

次へ

前へ